あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Kanon 第23話「茜色の終曲 ~finale~」
にゅ……にゅ……

にゅにゅぅぅぅぅ…………。


結構評価は二分している……かも?かも?


今話まで様々な曲を奏でてきた京アニという交響楽団ですが、終曲を迎えた今、あぁ、堅実すぎるんだなぁ……という印象を受けました。
原作をよく咀嚼して、細部まで凝っているのは分かるのですが、上手くまとめすぎなような気がします。
例えるなら、京アニ版Kanonは丁寧に編集されたスタジオ音源。
『Kanon』という原曲を編集しまくって、手堅く手堅く綿密に作り上げ、ファンに喜んでもらえるように作り上げたという感じ。
もちろん、この方向性は間違っている訳では無いし、この方向性で突き抜けるとこまで突き抜けた完成度を誇る出来には脱帽ものです。
読み込んでいけば読み込んでいくほど新たな楽しみが発見出来る。

しかし、これは概ねの原作・京アニファンに対しての作り方なんですな。
噛めば噛むほど味が出るのだろうけど、それはファンに対してのものであって、逆に言えば、読み込んでいかなきゃ楽しめず、面白みが無い。……前も書いたような気がする(汗
多少荒い作りでも、感情と熱気がはっきりと分かるライブ音源のほうが個人的には好きなんですよね……。
背景の綺麗さはトップクラスで、ハッとさせられるシーンも幾つかあったのだけれど、物語に入りきれなくて、一歩引いて何処か冷めた目で見てしまう。
例えば真真琴が登場しても、何故に?という疑問だけで思考停止してしまい、考察する気が特に起きない、といいますか。

決して駄作では無いのだけれど、神作品でも決して無いなぁ……という印象。
もしこれで京アニ作品というレッテルが無く、作画も低かったら、一体どれくらいの人が今と同じ評価を持てていたのか。
……というか、真真琴別にいらないだろとか、あゆの名言シーンあっさりしすぎだとか、名雪は結局報われんなとか、微妙と思ったところも細かく読み込んでいけば納得出来る理由付けは出来るけど、それをする気にもなれなかった事をウダウダと書いただけなんですけど(ぉ

まぁなんだかんだと言っても、来週はついに最終回。
北川の活躍と美汐の再登場を願いながら、最後の回を待ちたいと思いますm(__)m

【2007/03/10 00:19】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(44) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
<<東京魔人學園剣風帖 龍龍 外法編 第八夜「穴の女」 | BLOG TOP | ペルソナ3を持ってる方は素直にアペンド版の購入を!>>
この記事に対するコメント
多少荒い作りでも、感情と熱気がはっきりと分かるライブ音源のほうが個人的には好きなんですよね……。

東映版観てれば良いんじゃない? と言ってみる。
【2007/03/10 04:34】 URL | ニイハ #TZJekAn. [ 編集 ]
東○蔵等、どぅなるんだ??
>東映版観てれば良いんじゃない? と言ってみる。

ちょwwwおまwwwww

  ・・・っと、横レスしてみる。


はぐれんの気持ちも解るけどぉ、どっちかって言うと、はぐれんの書いている方が「生粋の原作ファンの心情」なのではないかな。

 出来上がっている物ほど、編曲は難しい。
【2007/03/10 07:43】 URL | ごす #ilk/GieM [ 編集 ]
私も
みくるん真琴には懐疑的です。登場には意表を突かれ驚かされましたが、これもとって付けた感じがして、なんだかなぁと思いました。他のヒロインの接着点でもそうだったのですが、やるならもっと話をいじって欲しかったです。
まぁ一話から最後まで通して見れば印象も違うのかも知れないですが、(一週見逃しているし)金出してもう一度見たいか?と言われれば、まんどくせな感じです。
【2007/03/10 19:28】 URL | あくたろう #v/lhtrnI [ 編集 ]
スパイシーコクしょうゆは果たして美味いのか。でも先に仮眠取る~
最近ブラインドタッチを習得したほうが良いような気がしてきたはぐれです('・ω・`)

>ニイハさん
実際、脚本だけなら東映版のほうが好みという意見もありまして。
東映版は見ていないので何とも言えませんが……まぁ、京アニ版の脚本が私の肌に合っていないのは確かです。


>ごすさん
おひさです・゚・(ノД`)・゚・。

>どっちかって言うと、はぐれんの書いている方が「生粋の原作ファンの心情」なのではないかな。

それは一理あるかもです。
文句を言っている部分は、原作至上主義者と概ね同じですからね(^^;
ただ、個人的には原作ファンというスタンスからもっとも離れた位置にいると思っていたので、その位置から生粋の原作ファンの心情が出てきたのはちょっと面白いかも(笑

というか、もともとドラマCDの『水瀬さん家』みたいな、ギャグ中心でちょっといい話が時々入る、完全オリジナルストーリーを期待していたのが、ちょっと冷めて視聴している理由ですねorz


>あくたろうさん
かなり荒んでますね(・∀・)
いえいえ、私たちはアウトローでいきましょう(`・ω・')ノ

>まぁ一話から最後まで通して見れば印象も違うのかも知れないですが、(一週見逃しているし)金出してもう一度見たいか?と言われれば、まんどくせな感じです。

これは非常に同意見です。
京アニ版Kanon、伏線などはバリバリに張っていて、数話まとめてみればかなり面白いのでしょうけど、単体で見ると微妙……というか、一話ごとに起承転結が無いんですよね。
原作の特性上、それは仕方が無いことなのですが……だからといって、長い時間をかけてもう一度視聴したいとも思えずorz
一話一話紐解いて見れば面白いのでしょうが、それをやるほど、もともとKanonに対して情熱は無いのでorz
これがCLANNADやONEなら狂喜して解析しまくるんですが……早くどちらかアニメ化してくれないかにゃ(´・ω・`)
【2007/03/11 23:12】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
複雑な感じ…
はじめまして。ぬーと申します。
kanonは確かに神とは言えないかもしれませんが…
でも、京アニ以外が作るとこれ以上の作品にはならないと思われ…そーゆー意味では充分『良作』には値すると思います。それとONEはストーリーの性質上、KANONよりも構成が難しいと思ふ。
【2007/03/12 16:27】 URL | ぬー #- [ 編集 ]
初めましてm(__)m
こんばんはですm(__)m

>kanonは確かに神とは言えないかもしれませんが…
>でも、京アニ以外が作るとこれ以上の作品にはならないと思われ…そーゆー意味では充分『良作』には値すると思います。

や、もちろんそれは承知しています(^^;
アニメ会社にはあまり詳しくないので、京アニがトップクラスかは分かりませんが……背景などはトップクラスですし、普通に良作ではあると思っています。これで駄作なんて判断してしまうのなら、どれほどのアニメが駄作以下になってしまうのかと(笑

>それとONEはストーリーの性質上、KANONよりも構成が難しいと思ふ。

Kanonのように全てのシナリオをテレビシリーズでする、というのは確実に不可能なので、個人的には1つのシナリオを1~2巻のOVAで見てみたいですね~。
【2007/03/13 23:07】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/888-febe6a0c


 …やはりか。先週、巡回先で「23話に出てくるオリジナルキャラ」のネタバレ喰らってから、ああ、22話のラストシーンのあの光は車のライトだろうと、そこに乗っているのがそのオリジナルキャラなのだろうと、そう思っていました。思っちゃってましたよ。で、そのまんま当た
Old Dancer's BLOG【2007/03/10 00:22】
 吹雪の中、力尽きて倒れる祐一。幸いにも自動車が通りかかってくれたおかげで祐一は行き倒れにならずに済みました。薄れゆく意識の中で祐一の目に映ったのは、かつて自分を憎み慕った狐の子供。祐一から聞いた女性の名前で自
Moon of Samurai【2007/03/10 00:28】
「TVアニメ Kanon」第22話のラストで、冷たい雪の中に力尽きてしまった祐一。激しく吹雪く雪の中、祐一の前に一人の少女が現れました。それはまるで夢を見ているかのような光景。そして薄れ行く意識の中、祐一は
空色なおれの日々【2007/03/10 00:29】
Kanon 第23話「茜色の終曲 ~finale~」 泣けない私…
恋華(れんか)【2007/03/10 00:36】
おおぅ…こう来ましたかぁ~…なるほど、やっぱりあの真琴は幻だったんですね。そこまで弱ってしまうとは…寒中の雪中行軍は体力を激減させるので、雪の中を歩く予定の方はご注意を!って、そんなやつはいねぇって!!kanon Original Soundtrack KSLA-0006このCDが、ゲ
「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋【2007/03/10 00:37】
納得いかねぇぇぇぇぇっっっ!!! 3/9(金)AM01:28頃のmahariaの正直な心境です。 その後ウィスキーを瓶の半分空けてフテ寝して、今起きて感想を書い
中濃甘口【2007/03/10 00:38】
原作に無い、本物の沢渡真琴の登場は、折角遭難した祐一を救助してしまうという誤った歴史を作ってしまう。
美しい夢想家-BeautifulDreamer-【2007/03/10 00:41】
 今週のネタバレ情報ブログを今日まで華麗に回避!! 三゚ω゚)ノノ ヒラリ そして、最大のトラップであるKANONのDVD2巻は『全部観てから買うかどうかを決めよう』という慎重な判断が功を奏して見事にイナバウァー!!(
かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん【2007/03/10 00:55】
「Kanon」第23話です。雪山で遭難した祐一。次に目を覚ました場所は知らない部屋・・女の人がいますが・・本物の沢渡真琴だ~!!すげぇ・・こんなことになるとは・・^^;真琴さんが祐一を山で拾って自分の部屋へ連れてきたってわけです。その頃名雪の部屋の前には香里の
もえろぐ【2007/03/10 00:56】
ボクの願いは――再会――楽しいかった日々――夢の終わり――そして最後のお願い――
R-30のオタクな部屋【2007/03/10 01:03】
さて、DVD第2巻のネタバレを、しっかり、再確認して今回の話に臨みました。ポイン
丈・獅子丸の咆哮【2007/03/10 01:33】
お~う、本物の真琴さんが登場。一瞬、みくるさんかと思ったwしかし、ことごとく美人と遭遇できる祐一の才能には嫉妬wその頃、名雪を説得しようとする香里。少なくとも、祐一のよりは説得力がありますね。香
たまにもゆる【2007/03/10 01:43】
第23話 茜色の終曲 ~finale~
二次元空間【2007/03/10 01:58】
「茜色の終曲」アユ「お待たせしました。ボクの最後のお願いです!ボクのこと忘れ・・」「その願い、ちょっと待ったあ!」振り向けばエライ美人がそこに居た。ハルヒ「ココへ来れば凄いの見れるって聞いたん
アーリオオーリオ ドゥーエ【2007/03/10 02:48】
第23話『茜色の終曲 ~finale~』 前回、祐一が倒れた後からです。 前回の最後に突然真琴が現れて、原作知っている人は驚かされていたんですが、なるほどね。 そうきたかって思いました。 まさか、本物の沢渡真琴を出してくるとは。 正直、最初誰かワケわからなくて、みく
ニコパクブログ1号館【2007/03/10 02:54】
【公式】京アニサプライズ!?(笑
48億の個人的な妄想【2007/03/10 02:59】
これは……これは驚いた!!!本物の沢渡真琴が出てくるとは。こんな展開原作になかったはずだよな。平然と展開したので自分が忘れているだけかと思ってしまった。栞はしっかりと生存しているようで良かった。
angel notes.【2007/03/10 05:04】
 沢渡さんとこのお姉さん、真琴さん。  優しくて聡明な人ですね。  キツネの真琴と、そのギャップが凄かったりして(^^;。  本当に、優しいお姉さんなの。  自
ゆかねカムパニー2【2007/03/10 05:57】
行き倒れの祐一を助けた謎の人物だれかに似ているな~と、考えてたんですが……そうそう、左胸にほくろのあるあの人じゃないですかwそれにしても、あそこで沢渡真琴が登場する意味はあるのでしょうかねぇ。真琴(小)が呼び寄せたのだろうけどそれ以前に、あそ....
よう来なさった!【2007/03/10 06:13】
祐一を助けたのは誰かと思ったら沢渡真琴ある意味ご本人だった。そうくるとは思わなかったなぁ。真琴つながりで美汐かと思ってた。タイトルからして今回でひとまずの終了で次回はエピローグなのかねなどと思っていたけどけ
蒼碧白闇【2007/03/10 09:45】
DVD第2巻でシナリオを見てしまった分、意外感は薄い。ネタバレに注意して書いたつもりだが、私の記事を見て被害を受けた方がいたらゴメンナサイ。真琴の登場は、オリジナルストーリーとしての意味は見出せたような気も
Cross Channel【2007/03/10 11:27】
第23話「茜色の終曲~finale~」※管理人は原作未プレイです。ので、たまに変な事を言うかもしれませんがご了承ください。吹雪の中で、前方に光を見る祐一。それは車のヘッドライト。車から降りてくる人影。祐一はそこに、消えたはずの真琴の姿を見て、ゆっくりと瞳を閉じる
夢の日々。【2007/03/10 11:50】
[[attached(2)]]行き倒れになった祐一を助けたのは、“本家”沢渡真琴でした。いやはや、まさかの登場に驚きです。顔もそっくりだけど、声がw肉まん好きなところといい鍵に鈴が付いていたり、“あの”真琴と共通点が多いですね。からかったりされると「あう~」とか言いそ
リリカルマジカル【2007/03/10 14:13】
 かかっかかっかかおかおかお香里香里がががが…… …………ってあれ? み し お は ?
くるくるばたばた【2007/03/10 14:36】
総評として、尺的には駆け足の気もしますがひとつひとつの場面も、場面のつながりも、驚きのオリジナル登場人物も、素晴らしいクオリティで仕上げられていたと思いますあえて難点を挙げるのであれば、世界観構成に注力しているので、出来上がったKanon世界は完璧...
寂漣堂【2007/03/10 15:00】
 初っ端、病院に運ばれなかった時点で 既に予想大ハズレ。
おカネの錬金術師の錬成日記【2007/03/10 16:54】
お願い、決めたよ…。ボクの最後のお願いは――。 夕焼けの…茜色の約束の場所…。 祐一はあゆと再会する。 それは別れの時―― あゆの最後の三つ目の願いは… 最後の一滴まですくう…て感じで全ての欠片、今までの伏線を活かして… 全編の結び――終曲へと物語は流れていき
SERA@らくblog【2007/03/10 18:31】
Kanon 3月09日付 第23回「茜色の終曲 ~finale~」今回は行倒れになった祐一を真琴Originalが助けて、励まして。そして、あゆが消えてしまう。祐一のところに真琴が来るってのは、こういった形もありなのか。驚きで
第23軍日常報告【2007/03/10 18:55】
前に作ってた『Kanon』のTVアニメは見てません。なので何が違うのか分からないです。ゲームもプレイした事ありません。(挨拶)&nbsp;・・・えーとぉ・・・あの『真琴』とこの『真琴』は・・・同一人物のようでいて別人のようでいて・・・、この『真琴』があって、前
アシストロイド(誤字・脱字機能:ON) のツッコミ【2007/03/10 19:32】
■Kanonの感想
天使は瞳を閉じて【2007/03/10 22:11】
”悩んだり苦しんだりして、強く優しくなれるんじゃない?”えっと、第23話を観てから閲覧することをお勧めします(^_^;あと、今回は駄文で長文です…(本当に長いです…(__;)3月10日改定版
ごたく屋新館【2007/03/10 23:39】
やっぱりすごいなぁ、この作品は ただただ、見入ってしまっていた。 あの歌は反則やね(つД`)
SOBUCCOLI【2007/03/11 00:39】
真琴真琴真琴真琴真琴まk・・・決別の時。そして夢の終わり。
Hiroy's Blog【2007/03/11 00:49】
今回の話を観て、みんなの思いやり、優しさをすごく感じました。栞が香里に名雪の所に行ってあげてという優しさ、名雪を励ます香里、あゆの思いを追って進む祐一、祐一の友達も心配なので家に駆けつける。本当にみんなが自分にやれることをやろうとしてるのを、すごく感じ..
Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌)【2007/03/11 02:12】
すべてを思い出し、名雪から逃げ出し吹雪の中、あゆのもとへと学校(樹)に行くももちろん誰もイナス、、。そして疲れ果てて倒れたところに現れた光の正体は、、、!?これがおそらくあゆ・名雪編の最終話、第23話を観賞
まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~【2007/03/11 07:58】
Kanonは素晴らしい作品だっ!
明善的な見方【2007/03/11 10:13】
第23話。ぼくは原作未経験者ですが、これだけは言い切れる。これが、京アニの手腕、ということ。京アニ初の2クール作品は、ここまで幹の太い物語となりました。こんばんは、たこーすけです。Kanon 第23話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。原作ゲーム
たこーすけの、ちょろっと感想【2007/03/11 13:13】
Kanon第23話。物語は、終曲へ。
我が人生に燃えて、そして萌える【2007/03/11 17:00】
 自分には今、「不朽の名作をリアルタイムに体験している」という自覚があります。
『遍在 -omnipresence-』【2007/03/11 19:05】
■Kanon■
King Of ヘタレ日記【2007/03/11 20:36】
肉じゃがとパウンドケーキと真琴お姉様
てけと~な日記【2007/03/11 22:49】
沢渡真琴再び!
アバトーンの理想郷【2007/03/12 02:07】
確かに良かった!いい話だったよ!!正直泣きそうだったさ。・・・・でもな、本当に良かったのはほっちゃんの演技だから!!実際、よく考えながら見直すと、微妙なとこ多すぎる。。特にこ
Blue Sky TriΔngle【2007/03/12 21:45】
品質評価 70 / 萌え評価 18 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 59 / お色気評価 7 / 総合評価 29レビュー数 93 件 全てを思い出した祐一はあゆの名を呼びながら雪の中をさ迷い歩くが、吹雪の中道に迷ってしまう。力尽き意識が遠のく祐一のそばへ、一つの影が近づ
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/08/31 22:19】
このページの先頭へ
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。