あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
涼宮ハルヒのまとめ記事 アニメ本編伏線編・その1 ver.3.10
“改めて”放送され、また新たな盛り上がりを見せている『涼宮ハルヒの憂鬱』
ここでは、アニメ版『涼宮ハルヒの憂鬱』の本編の伏線等をまとめています。
以前記事にしたものの第三版、という扱いです。情報量が多いので、記事を二つに分けました。
私の独断と偏見の意見も入っておりますが(ぁ)、ご了承下さいm(__)m

涼宮ハルヒのまとめ記事 新アニメーション編
涼宮ハルヒのまとめ記事 アニメ本編伏線編・その2 ver.3.10
涼宮ハルヒのまとめ記事 小ネタパロディ編・その1 ver.3.00
涼宮ハルヒのまとめ記事 小ネタパロディ編・その2 ver.3.00
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話考察 「長門有希の憂鬱」

*原作と関連した事柄も少々補完しました。白文字で書いているので、反転してお読み下さい。完全にネタバレなので、原作を未読の方は気をつけて下さい。


オープニングテーマ「冒険でしょでしょ?」

◇この曲の歌詞は、ハルヒがキョンと共に冒険していこうと思っている気持ちを表現している。


♪答えはいつも私の胸に
天の川を見上げる、中学一年生の頃の私服姿の涼宮ハルヒ。
このカットは『笹の葉ラプソディ』と繋がっている。ハルヒの私服姿も一緒である。
『冒険でしょでしょ?』-天の川を見上げる
『笹の葉ラプソディ』-涼宮ハルヒ中学一年生

『笹の葉ラプソディ』で、ハルヒは自分の非日常を求める姿を否定しない、同じ考えを共有すらしている人物がいるというジョン・スミスの言葉がきっかけで、北高へ進学する。
『冒険でしょでしょ?』-手を差し伸ばした先にいた人物は…

高校生になり、制服姿となっても天の川を見つめ続けているハルヒ。それは、入学したからといってハルヒが求めていた非日常が訪れなかった証拠。
しかし、天の川から差し伸ばされた手を掴み取り、笑顔になって涼宮ハルヒの憂鬱を解消させた、天の川から手を差し伸ばした人物、それこそが三年前に出会い、退屈な日常を脱却するために北高に進学するきっかけとなったジョン・スミス=キョンであった、という深い意味合いのあるカットとなっている。


♪感じることだけをするよ
舞い散る雪を見上げる長門有希。
詳しくは原作『涼宮ハルヒの憤慨』参照。見ないと私刑だからっ。


♪一緒に来てください どこまでも自由な私を見てよね
自信無さげに振り返るハルヒ。
自転車を止めて振り返るキョン。
最終話まで見てから二人の関係を思うと……こやつらめー。


第01話「第02話 涼宮ハルヒの憂鬱 I 」

「普通の人間の相手をしてる暇はないの!」(ハルヒ)
ここでこんな回想シーンが入るということは、もしかして谷口は中学時代にハルヒに告白した中の一人?


「わたし、あんたとどこかで会ったことがある?ずっと前に」(ハルヒ)
三年前の『笹の葉ラプソディ』で既に出会っている。暗がりだったので自分の顔もはっきりと見えてはいまい、というキョンの予測は正しかった訳ですな。


「だから、ハルヒが翌日長かった髪をバッサリ切って登場した時には、結構俺は動揺した」(キョン)
髪を切った理由は、普通の一男子に自分の宇宙人対策を見抜かれ意見された事へのちょっとした反抗心、からか?


「さらばハルヒ、フォーエバ~。……偶然だよな」(キョン)
“願望を実現する能力がある”ハルヒが望んだ“必然”
◆【キョンをジョン・スミスだと無意識に分かっていたから、という理由よりも、髪型に気付いたり自分に話し続けてくれる興味深い人物と無意識に思っていた、と考えたほうが自然かも?


「あ…そっかぁっ…分かりました」「何が分かったんだろう」(みくる・キョン)
情報統合思念体の勢力、長門有希の存在に気付いたみくる。


涼宮ハルヒ、SOS団を作ったことで超元気。


◇以下、DVD版での新規追加シーン


「だったら話しかけないで、時間の無駄だから!」(ハルヒ)
その後、一部のクラスメイトから様々な視線を受けるキョン。彼、彼女らはハルヒと同じ中学の出身だった。


「校庭にデカデカとけったいな絵文字を書きやがったことが~~」「あぁ、それ見たことあるなぁ。確か新聞の~~」(谷口・国木田)
過去にハルヒが犯した珍奇行の内の一つ、校庭落書き事件。共犯者はキョン。
新聞には、上空から撮影されたけったいな絵文字の写真の他に、「七夕のミステリー」という文字が書かれている通り、『笹の葉ラプソディ』で行なわれた事件である。


「普通の人間の相手をしている暇はないの!」「だったらOKするなったら……あっ、聞いた話だってマジで!」(ハルヒ・谷口)
谷口の すごい 自爆。
予想通りでした・゚・(ノ∀`)・゚・。


「わたし、あんたとどこかで会ったことがある?ずっと前に」(ハルヒ)
見詰め合うハルヒとキョンのカットが一つ増えている。
にょにょ?本当に二人は初対面なのかにゃ??


第02話「第03話 涼宮ハルヒの憂鬱 II」

「おそらく、これがこの時間平面状の必然なのでしょうね……それに長門さんがいるのも気になるし……」(みくる)
コンピ研部長の魔の手のショックで、思わず禁則事項なこと呟いてしまう朝比奈みくる。
ちなみに原作でのこの台詞は、ハルヒがSOS団と命名した直後(アニメでは『涼宮ハルヒの憂鬱 I』終了後)のキョンとみくるの会話で出てくる台詞である。みくるが“偶然”ハルヒに拉致られてSOS団に入部させられたのも、この時間平面状の“必然”だという事。
しかし先の通り、アニメではコンピ研部長の毒牙にかかってしまった後の台詞になっている。つまり、ここでいろいろ酷い目に遭うのも、この時間平面上の“必然”だと知っていた、という事なのだろう。未来を知っているとは何とも不便なものである。


「……飲んで」「おいしい……?」(長門)
毎回みくるが淹れたお茶をキョンが幸せそうに飲んでいる姿を見て、自分も挑戦してみたかった、初めて彼にお茶を淹れるのは自分でありたいという、朝比奈みくるへの無意識の対抗心。たぶん。(*´ω`*)
実際にみくるがメイド服を着てお茶を淹れるのは、『涼宮ハルヒの憂鬱 III』から。
しかし、長門は既に三年前の七夕の日にキョン達に出会っていて、未来の自分と同期したことで既にSOS団で過ごした様々な経験と記憶を得ている。
つまり、この時点で既に長門はキョンと過ごした日々の記憶があり、眼鏡属性が無いと聞いて眼鏡を外すくらい彼に対して少なからずの感情を持っている。
そもそも、長門がこのような台詞を言う訳が無いので、この台詞には何らかの意味があるのは確実であり、この考察はあながち間違っていないと思うが……


◇長門有希、正体をカミングアウト。


涼宮ハルヒ、まだまだ爆走中。


◇DVD版では追加シーンこそないが、修正シーンが幾つかある。


第03話「第05話 涼宮ハルヒの憂鬱 III」

「代わろうか、長門?」(キョン)
本マニアの長門が、読書を止めてまでオセロに興味を持つ。
『射手座の日』のキョンの台詞「長門にだって、興味を惹かれるものが少なからずある」の通り。
それは本しかり、図書館しかり、パソコンしかり。


「SOS団の活動内容、それは!宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶことよ!」(ハルヒ)
目 的 は 達 成 さ れ ま す た 。


「はい眼鏡オン」(キョン)
後に《mikuruフォルダ》に収められることになるメイドみくるの写真撮影。ここで星型のホクロも確認出来る
つーか、さりげなくキョン鬼畜だよキョン。


「遊んでたらコロスわよ!」「とっとと戻りなさいよ30秒以内!!」(ハルヒ)
SOS団、不思議探しのために街を探索。
キョンはみくる、長門のそれぞれと二人きりで探索。ハルヒはキョンと一緒に行動出来ず、物凄く不機嫌に。


◇ハルヒは“願望を実現させる能力”を持っているはずなのに、何故市内探索でキョンと一緒の組み合わせになれなかったのか?
まず、ハルヒの願望がどんな事でも叶うのなら、既に宇宙人未来人異世界人超能力者が“正体を明かして”ハルヒと遊んでいるはず。
しかし、そのような存在が“いて欲しい”という願望はあっても、“実際にはいるはずがない”という常識論はちゃんと持っているので、ハルヒは不思議な物を望んで生み出すも、ソレを認識出来ない(しない)、という状態になっている。
今回のケースも、“キョンと一緒になりたい”という深層的願望と、そんな願望を安易に肯定したくない気持ち、それらのせめぎ合いの末、後者が勝った結果なのだと思われる。二回連続でキョンと別チームだった、というのも逆に不自然だし、それがキョンと二人きりになりたかったという深層的願望を否定していた証拠でもあるかと。
よーするに、この頃のハルヒはまだツンデレのツンツン状態だった、ということですな。(*´д`*)
◆【もう一つ、これは長門が仕組んだ事、という可能性も考えられる。
この日、キョンが前日に聞いた長門の宇宙人関連の説明を信じる要素として、みくるの未来人関連の説明を聞かなければならないので、イレギュラーを起こさず『涼宮ハルヒの消失』に繋げる為に、意図的にクジを改変した。
ハルヒもこの時点では“絶対にキョンと一緒になりたい”、という願望は持っていなかったはずなので、長門が手を出すのは容易だったと思われる。



◇とてとてっ、と体が興味心に突き動かされるように歩いていく、本が沢山ある図書館に惹かれまくる長門。(*´ω`*)
長門にだって興味を惹かれるものが少なからずある。無感情という訳ではない。


「あんた今日、一体何をしてたの?」(ハルヒ)
別れ際に、みくるがキョンに何やら内緒話をしていたのもあって、ハルヒは更に不機嫌に。


「あのさぁ涼宮、お前幸せの青い鳥って話知ってるか?」(キョン)
原作の最後のシーンは少し違うが、一般的な絵本や童話などで描かれる『幸せの青い鳥』の物語とは。
物凄~~く簡潔に説明すると、チルチルとミチルという兄妹は幸せを招くという青い鳥を探しに旅に出るが、どの国にいっても青い鳥を捕まえることが出来ず、長い旅から帰ってきた二人は疲れ果てて眠り、夢から覚めると家で飼っていたハトが青い鳥だった、という話。
つまり、「お前、幸せの青い鳥って知ってるか?」というキョンの台詞は、「すぐ側にお前の求めているモノ(不思議な事)はあるんだぞ?」という意味。
この物語はチルチルとミチルの冒険を滑稽と見做すのではなく、二人が最後に学んだ“日常生活の身近な場所にこそ幸福がある”という事がテーマなので、「わざわざ不思議散策なんかして非日常に楽しい事を探しにいかなくても、普通の学生生活の中に楽しい事は沢山あるんだぞ」という意味でもあるが、そこまでキョンが考えていたかは定かではない。


◇朝比奈みくると古泉一樹、正体をカミングアウト。


みくるがキョンに(初めて)お茶を渡すのを何故か見ている長門。(*´ω`*)


◇エンディングのキャストにデカデカと載っている涼宮ハルヒキョンの二人。
不思議散策でキョンと一緒に回れなかったハルヒの無意識の願望によるエンディングキャスト改変。たぶん。

涼宮ハルヒの憂鬱III-キャスト比較


涼宮ハルヒ、憂鬱になり始める。


◇以下、DVD版での新規追加シーン。 


「長門、オセロしたことある?」(キョン) 
興味を持ったはいいが、ルールが分からず変なところに石を置いてしまい、キョンの問いに首を振る長門。
所謂一つの萌え要素。(*´ω`*)


「古泉です。転校して来たばかりで至らぬ点もありましょうが、よろしくご教授願います」(古泉) 
監視対象者である涼宮ハルヒに容易く接近出来た、一般人であるはずのキョンへ挨拶。
そして、ここで初めてキョンと古泉のシェイクハンドによる第一次肉体的接触。うほっ。


「あっちの眼鏡っ子が有希!」(ハルヒ) 
“眼鏡っ子”という単語に激しく反応する長門。(*´ω`*)


「あ、大丈夫です…」(みくる) 
挨拶をしようとして、オセロをぶちまけながら盛大にコケたみくるを介抱する古泉。
照れるみくる、微笑む古泉。その様子を見ながら片目を震わせているキョン。
さて、キョンは朝比奈さんと古泉のどちらに嫉妬したんだろうね?暇な奴がいたら考察してみてくれ。


「早速だが、次の放課後。ついて来いっ」(キョン) 
一気に24時間経過。
TV版の話数シャッフルより数倍マシでしょ、諦めずについて来なさーいっ!


第04話「第10話 涼宮ハルヒの憂鬱 IV」

「恋愛感情なんて精神病の一種なのよっ」(ハルヒ)
興味が無ければ無関心であるはずで、文句を言えば言うほど、内心ではそれを意識してるというもの。こやつめー。


◇みくるの写真を削除……と見せかけ、隠しフォルダに保存するキョン。なんと鬼畜なことかー。
ちなみに、DVD『涼宮ハルヒの憂鬱II』にこのフォルダが収録されておりますm(__)m


「って、そりゃなんだっ!!」(キョン)
道徳的な事に関してだが、みくるに対して語りまくるキョンに更に苛立つハルヒ
みくるが来た時にハルヒが何の反応もしなかったのは、このため。ハルヒはこれが嫉妬だという事を自覚していないだろうけど。


「バイトがありますんで、お先に失礼します」(古泉)
この“バイト”とは、“閉鎖空間の拡大及び神人の破壊活動を止めること”だと思われがちだが、『涼宮ハルヒの憂鬱 V 』で古泉は「閉鎖空間が発生したのは久しぶり」と発言している。
なので、この“バイト”というのはおそらく、神人を倒すことに限らず、涼宮ハルヒに関連される何かが起きた時に仲間たちが集まる、または機関に報告したり命令を受けたりすることを指しているのだと思われる。
『涼宮ハルヒの憂鬱 V 』「ここ暫らく安定していた彼女の精神が活性化の兆しを見せています」と古泉が発言している通り、この頃はちょうどみくるの事でいろいろとキョンに説教され、SOS団を作ってから落ち着いていたハルヒの精神がまた揺れ始めた時期でもあったので、その件で古泉は“バイト”にいったのだと思われる。


◇長門 vs 朝倉。キョン、マジでくたばる5秒前体験。
眼鏡の再構成を忘れ、キョンと長門のフラグON。


「……眼鏡属性って何?」(長門) 
涼宮ハルヒの主観によると長門有希は“眼鏡っ子”として分類される。基本的に、視力が低下し眼鏡を装着している女性で、“っ子”と呼称される通り身長は比較的低いことが多い。
“眼鏡属性”という単語は不明だが、彼は眼鏡を特に必要だとは思っていないらしい。後に眼鏡が無いほうが似合っていると彼に言われたことからもこれは確定。
つまり眼鏡属性ではない=眼鏡が無いほうが彼にとっては良いということで、眼鏡を装着していないほうが良いということで、つまり…………???



「証拠を見せてあげる」(朝比奈さん)
未来の朝比奈さん、星型のホクロを見せて本人証明。
キョンはここで胸元にある星型のホクロの存在を知る。


「私とは、あまり仲良くしないで……」(朝比奈さん)
ハルヒが不機嫌になり、閉鎖空間を作ってしまうから。
純粋に恋愛感情も持っていたのかもしれないが、未来人という立場上そんな関係になるわけにもいかない。


「…やっぱり、眼鏡は無いほうがいいぞ」(キョン)
眼鏡が無くなってから、キョンと長門はお互いに好感度上昇中。(*´ω`*)


カナダよカナダ!そんなのあり?胡散臭すぎるわよ!」(ハルヒ)
胡散臭い場所、カナダ


涼宮ハルヒ、イライラしながらも朝倉関連の不思議な謎で少しだけ機嫌が治る。


◇以下、DVD版での新規追加シーン。 


「父さん、この静止画を見たら、逆に押し倒そうとしてるとも思えなくも無い体勢な訳でして」(キョン) 

涼宮ハルヒの憂鬱IV-お幸せに!

そう言われてみるとそんな気がしないでもないようなあるような、でも大声では言いかねるくらいには見えないことでもないね。


第05話「第13話 涼宮ハルヒの憂鬱 V 」

「いつくらいからここに住んでたんですか」「三年ほど前だったかなぁ」(ハルヒ・管理人)
また三年前か、人気者だな三年前。


「こいつも飯は食うんだな」(キョン)
『涼宮ハルヒの退屈』のファミレスで食事をしているシーン、または『孤島症候群(前編)』の館での食事シーン参照。ラブリー☆彡


「俺、もう帰っていいか?」(キョン)
キョンの拒絶の言葉から、ハルヒは昔語りをして自分のことを理解してもらおうとする。
しかし、キョンにはハルヒが期待していたような──何を期待していたかは分からないが──言葉は出せなかった。
返答を聞くのを恐れるかのように去っていくハルヒ。
まったく、なにをやってるんだろうね。


魅力的な人だとは思えますが……それは置いときましょう」(古泉)
ちょっと?ちょっとちょっとっ?
◆【「なぜなら僕は……そうですね。僕は涼宮さんが好きなんですよ」「魅力的な人だと思いますが」
『涼宮ハルヒの消失』P133より。



「彼女には願望を実現する能力がある(古泉・キョン)
古泉の一つのステータスであるとも言える長ーーっい説明。ミステリーの脚本でも書けばいい。


◇タクシー内で隠しもせず秘密の話をしているので、運転手も古泉の仲間だと思われる。
というか、この運転手は『孤島症候群 前編・後編』に登場する派遣執事の新川さんであろう。


「しばし目を閉じてもらえませんか。ほんの数秒で済みます」「うっ…なんの真似だ、気持ち悪い」(古泉)
古泉×キョン。うほっ。


◇エンディングのキャスト欄でハルヒが一人だけになっていて、信頼していたキョンに理解してもらえなかった“寂しさ”のようなものを感じる。

涼宮ハルヒの憂鬱V-キャスト

そんなキョンは本編と同じく古泉とくっついていて、長門はそれを静観中、という表示。うほっ。


涼宮ハルヒ、とっても憂鬱。


◇以下、DVD版での新規追加シーン。


「とにかく絶対おかしいわ。いきなりカナダへ転校~~立地も良いし高いのよここ。市街の中学へここから通ってたの?」(ハルヒ)
マンションに侵入した後、エレベータ内で朝倉が不可解な転校したことを推理するハルヒ。かなりいい線いってます。
しかし、目の前の事柄に没頭するあまり、一階から朝倉が住んでいた五階へエレベータが到着するまでに37秒もかかっていることに気がつかないハルヒたん。
昔の人は言いました、木を隠すには森だと。


「~~朝倉がいつからここに住んでるか聞くためよ」「諦めて帰ろうぜ。そんなん分かったところでどうしようも無いだろ」「だーめっ!」(ハルヒ・キョン)
ようやく見つけた非日常な出来事の欠片を手放さないよう必死なハルヒ。
ちなみに、TV版ではキョンの台詞からはカットされているが、口パクが微妙にカットしきれていない(笑


「えらくいいタイミングでタクシーが来たもんだな」(キョン)
車内でハルヒのことを隠しもせずに話していることから、このタクシーは明らかに古泉ら機関関係のもの。
というか、運転手がもろに『孤島症候群 前編・後編』に登場した派遣執事の新川さんです、本当にありがとうございましたm(__)m


第06話「第14話 涼宮ハルヒの憂鬱 VI」

◇谷口、キョンのカバーストーリーを簡単に否定。キョン×長門を信じて疑わない。同志よ。


「……間抜け面」(ハルヒ)
みくるの衣装の事で真剣に悩むキョンを見て、更に憂鬱になるハルヒ


「なるほど、これか……」(キョン)
mikuruフォルダ内の写真から、胸元にある星型のホクロを確認。
無邪気なみくるとヘラヘラ顔のキョン。長門、何故かその様子を観察中。


◇キョンとみくるがイチャイチャしている姿を見て、更にキョンが自分に冷たく接することから、ハルヒは憂鬱状態から怒り爆発
閉鎖空間ではなく、“新しい時空”を構築。


「キョン、キョン!」「起きてよ」「起きろってんでしょうが!」(ハルヒ)
キョンの頬(?)を叩いて起こそうとするが中々起きないので、終いには首を絞めて強引に起こす涼宮ハルヒ16歳。
切羽詰った精神状態だからって、ちょっと酷すぎですっ(><


「朝比奈みくるからは謝って欲しいと言われました。“ごめんなさい、あたしのせいです”と」(古泉)
みくるがキョンとふざけあって、それを見たハルヒが怒りを爆発させたことをきっかけに、新しい時空が構築されたから。


『YUKI.N>わたしという個体も、あなたには戻ってきて欲しいと感じている。』『また図書館に   』
( ゚∀゚)o彡°長門!長門!


「あのな、ハルヒ。俺はここ数日でかなり面白い目に遭ってたんだ。お前は知らないだろうけど、世界はお前を中心に動いていたといってもいい。お前が知らないだけで、世界は確実に面白い方向に進んでいたんだよ」(キョン)
世界を賭けたキョンの大説得。
キョンは今までハルヒに話しかけるときは「涼宮」と名字で呼んでいたが、ここで初めて「ハルヒ」と呼びかける。
正に策士、こやつめー。


「俺、実はポニーテール萌えなんだ」(キョン)
キョンに恋愛感情を見せられ、ハルヒは彼の望む元の世界を選ぶ。


「ハルヒ。似合ってるぞ」(キョン)
涼宮ハルヒ、その表情は見えないが内心は……。(*´д`*)


「こんなところ涼宮さんに見られたら、また同じ穴の二の舞ですっ」(みくる)
また不機嫌になって閉鎖空間を発生させてしまいますっ(><


◇みくる、キョンに胸元のホクロが星型ということを知らされる。


涼宮ハルヒ、ハッピー☆彡な夢を見て幸せ。


◇「今度はナースよナース、看護師さん!」(ハルヒ)



『涼宮ハルヒのまとめ記事 アニメ本編伏線編・その2 ver.3.10』に続きます。

【2006/08/12 23:32】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(65)
このページの先頭へ
<<涼宮ハルヒのまとめ記事 アニメ本編伏線編・その2 ver.3.10 | BLOG TOP | 学校では教えてくれないそこんトコロ!>>
この記事に対するコメント
こっちに書くんですよね?
初書きです。(^^)

第02話「第03話 涼宮ハルヒの憂鬱 II」
・「せっかく新しい衣装を用意したのに」(ハルヒ)「自分で着ろ」(キョン)「もちろんあたしも着るわよ。でもミクルちゃんがいないと、つまんなーい」(ハルヒ)
第07話「第04話 涼宮ハルヒの退屈」で、なかよく二人でチアガール。

第03話「第05話 涼宮ハルヒの憂鬱 III」
・「実は、この学校には何人ものエージェントが潜入済みです」(古泉)
一体誰が?

第05話「第13話 涼宮ハルヒの憂鬱 V 」
・「ここに来て、また、トルネードを発生させている。・・・彼女は、奇妙な人間ばかりを集めたクラブを作る気になったのだから・・・ま、それだけが理由では無いのですが。」(古泉)
キョンがその前で、ハルヒに冷たくしたり、拒絶したから。
それにしても、「俺がどこに行ってたのか、知っているみたいな話し方だな」(キョン)「怪しげなクラブを作るように吹き込んだのはアナタです」(古泉)、いったいいつから・誰が・どこで、監視しているんだ?

第06話「第14話 涼宮ハルヒの憂鬱 VI」
・「なあ谷口。おまえ超能力を使えるか」(キョン)
一応、疑ってみるキョン。

伏線とは違いますが。

第06話「第14話 涼宮ハルヒの憂鬱 VI」で、二人が“白雪姫”・“sleeping beauty”とヒントを出して、キョンにキスしろと言っています。一人は大人の朝比奈さんなので、知っているのは長門だけ。長門の心はどうなっているの? 戻ってきて欲しいからガマンしてる? それもと、有機生命体のキスの概念がよく理解できない?(^▽^;)
【2006/08/21 07:15】 URL | 阿相藜 #w50H46U6 [ 編集 ]
こちらで良いですーm(__)m
コメントありがとうございます&初めまして、阿相藜さん。
あちらはコメント数が大きくなりすぎているので…新しく編集した記事のほうにコメントをして頂けると幸いです。

>「実は、この学校には何人ものエージェントが潜入済みです」(古泉)
>一体誰が?
最新刊でその一端が出てきますよー。


>それにしても、「俺がどこに行ってたのか、知っているみたいな話し方だな」(キョン)「怪しげなクラブを作るように吹き込んだのはアナタです」(古泉)、いったいいつから・誰が・どこで、監視しているんだ?
実は、あの学校には古泉たちの勢力から何人ものエージェントが潜入済みです。
観察対象であるハルヒに接近する一般人、その一般人であるはずの彼を媒介に機嫌が良くなっていく傾向を見せたハルヒ。
そんな対象はとても興味深いでしょうね…。

>第06話「第14話 涼宮ハルヒの憂鬱 VI」で、二人が“白雪姫”・“sleeping beauty”とヒントを出して、キョンにキスしろと言っています。一人は大人の朝比奈さんなので、知っているのは長門だけ。長門の心はどうなっているの? 戻ってきて欲しいからガマンしてる? それもと、有機生命体のキスの概念がよく理解できない?(^▽^;)
これはどうなんでしょうね?
何故長門は、“キスをしろ”と直接アドバイスをしなかった?と聞かれれば、直接それを言うのは悔しかった━━のではなく、単に回りくどくしか説明しないからですし(直接言えばいいのに、本に挟んだ栞でメッセージを伝えるとか)。
阿相藜さんの仰るとおり、キスという行為は単に粘膜の接触、くらいにしか考えていなかったのではないでしょうか(爆
後の『サムデイインザレイン』で恋愛(?)小説を読んでいるので、キスという行為も分かっていると思いますが…はてさて。
【2006/08/22 01:19】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
はじめまして。
初投稿です。よろしく。

第04話「第10話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ」
・「いい男でも見つけて、市内の散策ならそいつとやれよ。デートにもなって、一石二鳥だろうが」(キョン)
第06話「第14話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」のラストで実現。
憶えてたのか?ハルヒ

第06話「第14話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」
・「どういう偶然か、朝日奈さんも長門も古泉も急用で欠席になり、俺は一人、ハルヒを待っている」(キョン)
どういう偶然で、どんな急用なのか?
ハルヒのご機嫌取りだとしたら、さぞ悔しかったろうなぁ・・・。

なんとなく、あれ?と思ったので。
【2006/09/02 05:17】 URL | よも山 #- [ 編集 ]
射手座の日
初投稿です。

第十一話 序盤
YUKI.N>「電子戦開始。電磁ブースター最大。全ECMECCM作動」

電子戦…通信?やレーダーなど、あらゆる電子情報を収集・使用して行う戦闘における一つの概念。主に、ESM、ECM、ECCMの三分野から成り立つ。

ECM…Electric Counter Measureの略で電子妨害装置という意味。主にジャミングやデコイ、チャフの散布、ステルス性の向上など、電子的に敵レーダーを妨害し、正確な情報を得る事ができなくさせることが目的の装置全般を指す。

ECCM…Electric Counter Counter Measure の略で、レーダーやミサイルへの電子戦妨害(ECM)に対処、対抗するための手段(対電子妨害対抗手段)。各種ジャミング下における味方の索敵、通信、兵器誘導等の精度を確保することを目的とする。レーダーでは、周波数を容易に変更できる送信機/受信機の使用(周波数ホッピング等)、複数の周波数の同時使用(CDMA:スペクトル拡散等)などが行われる。

伏線というか小ネタにもなってないただの豆知識ですがキャラの何気ない台詞を一つとっても軍オタの自分には感銘を受けました。京アニに感謝。
【2006/09/02 11:33】 URL | Joint Advanced Strike Technology #- [ 編集 ]
コメントありがとうございますーm(__)m
>よも山さん
初めまして~。

>第06話「第14話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」のラストで実現。
>憶えてたのか?ハルヒ
朝日奈さんも長門も古泉も偶然の急用が出来た故の偶然の産物ですね。
あるいは、以前の探索でハルヒはキョンと一緒に行動出来なかったので、今回は一緒に過ごしたかったというハルヒの願望から皆急用が出来てしまった、とも考えられますが…ちょっと無理がありそうです(汗

>・「どういう偶然か、朝日奈さんも長門も古泉も急用で欠席になり、俺は一人、ハルヒを待っている」(キョン)
>どういう偶然で、どんな急用なのか?
>ハルヒのご機嫌取りだとしたら、さぞ悔しかったろうなぁ・・・。
この時点…といっても、原作最新刊でもあまり皆の関係は変わってはいませんけど、もともとハルヒの機嫌を損ねないように行動している皆なので、悔しいとかは考えなかったのでは無いでしょうかね。
むしろ、この三人はハルヒとキョンのデートごっこをどこかで覗いて楽しんでいるような気もします…(笑


>Joint Advanced Strike Technologyさん
初めまして。

>伏線というか小ネタにもなってないただの豆知識ですがキャラの何気ない台詞を一つとっても軍オタの自分には感銘を受けました。
この辺りの知識は漠然としか知らなかったのですが、細かい説明ありがとうございますm(__)m
細かいところにも実に丁寧に描いていますからね…。プロなら当たりまえの仕事なのかもしれませんが、それを高水準で出来ている京アニには脱帽です。
京アニの次回作のKANONには残念ながら軍事ネタは出てこないでしょうが、また何かあったらよろしくお願いしますーm(__)m
【2006/09/03 01:09】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
こんにちは
はじめまして。

ECM、ECCM
脚本が賀東先生なので、おそらく、フルメタからの小ネタだとおもいます。
戦闘の場面でよく使われています。

細かいことですがご参考までに。

【2006/09/10 23:21】 URL | サイバー #- [ 編集 ]
SLEEPING BEAUTY
ども。

キスが重要なファクターとなる物語なら、他にもありそうですが。なのに、なぜ「白雪姫」なのでしょうね^_^; メタファーとしてもちょっとズレているような気がしないでもないですケドね(笑)
【2006/09/11 02:27】 URL | 太陽系第9惑星 #Q3NUfB42 [ 編集 ]
三年間一緒のクラス
谷口がハルヒと三年間一緒のクラスだったと言っていましたが、これって単なる偶然だったのでしょうかね。それともハルヒが望んだ?高校に進学してもまた同じクラスってのも、偶然にしては出来過ぎてやしませんかね?原作レベルの問題ですけど(笑)
鶴屋さんが「機関」のスポンサーに昇進したのに比べ、『朝比奈ミクルの大冒険』のエキストラの中で、谷口と国木田はいつまでも下っ端のままで可哀想ですねぇ(爆)
【2006/09/11 02:39】 URL | 太陽系第9惑星 #Q3NUfB42 [ 編集 ]
コメントありがとうございますー
>サイバーさん
>脚本が賀東先生なので、おそらく、フルメタからの小ネタだとおもいます。
フルメタから、と特定するより、軍マニアの賀東先生がいろいろ仕込んだだけと考えたほうが…(笑


>太陽系第9惑星さん
>キスが重要なファクターとなる物語なら、他にもありそうですが。なのに、なぜ「白雪姫」なのでしょうね^_^; 
誰でも知っている話でキスをする物語…と言えば童話の「白雪姫」…ということなのではないでしょうかね?よく分かりませんが(汗

>谷口がハルヒと三年間一緒のクラスだったと言っていましたが、これって単なる偶然だったのでしょうかね。
谷口に不思議設定が無いのなら、単なる偶然でしょうね。ハルヒが望んだとも思えませんし。
まぁアニメでは第二期でも語られないことでしょう…というか、彼にはずっと普通人という立場に居て欲しいです(^^;
【2006/09/14 02:03】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
通学手段
最初、キョンは電車通学なのかと思っていたけど、よく考えると自宅→駅が自転車、駅→学校が徒歩ですよね。なぜ学校まで自転車じゃないのか全くわかってなかったんですが、最近やっと駅から先は強烈な坂道だから徒歩なのだということがわかりました。
今更な事ですが。
【2006/09/15 20:57】 URL | 三佐 #- [ 編集 ]
ですね
あの強烈な下り坂を自転車で爆走してみたい気はしますが…同じようなことを考えてる奴が事故ったりするんでしょうねorz
ハルヒとか鶴屋さんとか谷口とk(以下略
【2006/09/16 00:37】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
お茶
第02話「第03話 涼宮ハルヒの憂鬱 II」にて
> 「…飲んで」「おいしい…?」(長門)
毎回キョンが幸せそうに飲んでいるお茶を自分も淹れて見たかったという、朝比奈みくるへの対抗心。たぶん。(*´ω`*)
とありますが、みくるがお茶を入れるシーンはアニメ・原作ともにここより前には無かったはずでは?
キョンにお茶を入れたのは長門のほうが先と考えるのが自然ではないでしょうか。
そうすれば「憂鬱Ⅲ」で、みくるにお茶を渡されるキョンを見ていた長門の行動も、『自分以外の人が入れたお茶をキョンが飲むのが面白くなかった』、もしくは『自分のときとはリアクションが違いすぎてムカついた』と考察できますし。
【2006/09/17 02:43】 URL | 焼きナス #- [ 編集 ]
・゚・(ノД`)・゚・。
>焼きナスさん
気付いてくれた方がいて嬉しいです…(^^;

…と、焼きナスさんは原作は読んでいるのですよね?
以降は原作ネタバレになるので一応反転しておきますー。

雑誌掲載分は分かりませんが、長門がお茶を入れたのはアレ一度のみですよね。
あの時点で、長門は既に『笹の葉ラプソディー』の件でキョンとみくるのことは知っています。というか隣の部屋に寝ていますし(笑

キョンとみくるのことは単に情報として共有したのか、七夕の時点での長門のキョンに対する感情まで共有していたのかは不明です。

しかし、長門がお茶を入れて「飲んで」「おいしい?」なんて尋ねるという、夏に雪でも降ってきそうな奇行は、キョンに対しての何らかのアプローチとしか考えられないのです。

とすれば、将来みくるのお茶を幸せそうに飲むキョンに自分もお茶を淹れてみたかった、などという理由くらいしか思いつかないのですね。


まぁしかし、どちらにしろ、

>『自分以外の人が入れたお茶をキョンが飲むのが面白くなかった』、もしくは『自分のときとはリアクションが違いすぎてムカついた』
と、長門がそう思ったと考察しても違和感無いのですけどね(^^;
【2006/09/17 03:11】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
挨拶抜きでしたし^-^)よろしく
「月曜日は1ってきがするけどな」はポニーテール萌えの伏線?
(深読み汗)
【2006/09/30 20:42】 URL | 若い和解は怪 #ywy5sHbU [ 編集 ]
sleeping beauty
初めましてです。。。

長門が、「キョンとハルヒがキスで帰還できる」ということを知ったのは、もしかしたら3年前なのではないでしょうか。
笹の葉ラプソティの時にキョンから説明された上で、記憶を同期してそのことを知った→規定事項

なんか変ですが。
【2006/10/01 12:14】 URL | 連ドラ #Tzwnz1rc [ 編集 ]
コメントありがとうございますー
>若い和解は怪さん
こちらこそよろしくですーm(__)m

>「月曜日は1ってきがするけどな」はポニーテール萌えの伏線?
>(深読み汗)
月曜日は1という気がする=ポニーテール萌えにはならないと思いますが…(汗


>連ドラさん
初めましてm(__)m

>長門が、「キョンとハルヒがキスで帰還できる」ということを知ったのは、もしかしたら3年前なのではないでしょうか。
>笹の葉ラプソティの時にキョンから説明された上で、記憶を同期してそのことを知った→規定事項

おそらくそうでしょうね。
(ネタバレ反転)
あの時点で長門は大概の事情を知っていて、ハルヒが閉鎖空間を生み出すことを防ぐ努力をするよりも、状況を出来る限り変えないでその時を待つ、というのが最善だったのでしょうね。『~の消失』の事件のように。
【2006/10/02 23:57】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
ちと順番的に逆になるかな?
長門は、当初(3年前~北高入学時?)あのマンションで凉宮ハルヒを観察していた。
それならば文芸部室にいなくても別に任務を遂行できた(長門の読書趣味はとりあえず無視)。
よって、長門が文芸部室にいた理由は、「消失」(だったっけ?今友達に貸してるので確認できない…)で、キョンが「俺とハルヒが行くまで文芸部室で待ってろよ(要約)」といったことに従ったのか。そんでもってそれも規定事項(ぁぇ
【2006/10/04 00:34】 URL | 連ドラ #Tzwnz1rc [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>連ドラさん
>長門が文芸部室にいた理由は、「消失」(だったっけ?今友達に貸してるので確認できない…)で、キョンが「俺とハルヒが行くまで文芸部室で待ってろよ(要約)」といったことに従ったのか。
そのキョンのセリフが何処にあったのか覚えていない私を許してくださいorzorzorz
とりあえず、長門があの部室にいたのは“既定事項”だったからでしょうね。
三年前に記憶を共有した時に、未来にハルヒがSOS団を作り、そこには自分も含まれていることを知って、危険を冒してまで歴史を変えることもしなかったのでしょう。
【2006/10/05 01:58】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
伏線ではありませんが
初めまして。

TVシリーズのアニメしか見ていませんが、どうしても解らない疑問があります。
コンピ研の「部長」氏は、なぜに「部長」なのでしょうか?

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ」のPC強奪のシーンで、「コンピューター研究会」の表札がありますが、
ハルヒは部屋に入るなり「部長はだれ?」と言っていますし、以降誰からも「部長」としか呼ばれていません。
本来なら「コンピューター研究会」なので、「会長」では?

だれか解る人教えて下さい。
【2006/10/06 23:56】 URL | ワカハゲ #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます~
>ワカハゲさん
原作、アニメともに確認してみました。
確かに、アニメでは『コンピュータ研究会』という表札がありますね。しかし、原作では『コンピュータ研究部』になっています。
原作、もしくはDVDの追記シーンにありますが、“「同好会」の新設に伴う規定。発足以降の活動・業績によって「研究会」への昇格が動議される”と生徒手帳に載っています。
正確な部員数は不明ですが、アニメでは同好会(研究会)レベル、原作では(部員数が少なくても)部活として認められるほどに成り立っているのでしょう。
しかし、原作で既に彼は『コンピュータ研部長』という名前がついているので、アニメでは『コンピュータ研究会』と訂正されても、あえて原作通りの名前でいったのではないでしょうか。


…“会”と“部”を単に間違えた、という可能性も無きにしも非ずですが、それでもまだまだここまで考察出来るハルヒシリーズには本当に脱帽です(^^;
【2006/10/08 01:40】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
キョンがお辞儀した?
初カキコです。
朝比奈がホクロが星型だと気づかされてあたふたしている時、ハルヒが入ってきて着替えをさせようとしてキョンは廊下に出ました。そのときにお辞儀をしているように見えたのですが、あれはなぜだったのでしょうか?
【2006/12/29 14:00】 URL | Take #Ct4zj71g [ 編集 ]
コメントありがとうございます
初めましてですーm(__)m

>朝比奈がホクロが星型だと気づかされてあたふたしている時、ハルヒが入ってきて着替えをさせようとしてキョンは廊下に出ました。そのときにお辞儀をしているように見えたのですが、あれはなぜだったのでしょうか?

これはもう特に深い意味は無く、毎度毎度ハルヒのおもちゃにされてお疲れ様です朝比奈さん、くらいの意味でのお辞儀じゃないですかね?
キョンもこの光景に慣れたのか、物凄く冷静に部屋を出て行っていますからね(笑
【2006/12/30 02:36】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
青い鳥
初めまして。

伏線かどうかは分かりませんが、キョンがハルヒに
「お前、幸せの青い鳥って知ってるか?」と尋ねていた気がするのですが、何か関係あるんでしょうか?
【2007/01/08 14:32】 URL | 黄緑 #NNOjZvQg [ 編集 ]
コメントありがとうございます
初めまして、黄緑さん。

>「お前、幸せの青い鳥って知ってるか?」と尋ねていた気がするのですが、何か関係あるんでしょうか?

この件はこれから追記しますので、追記部分からそのまま引用してきました(^^;
手抜きですみません…orz

・「あのさぁ涼宮、お前幸せの青い鳥って話知ってるか?」(キョン)
原作の最後のシーンは少し違うが、一般的な絵本や童話などで描かれる『幸せの青い鳥』の物語とは。

物凄~く簡潔に説明すると、チルチルとミチルという兄妹は幸せを招くという青い鳥を探しに旅に出るが、どの国にいっても青い鳥を捕まえることが出来ず、長い旅から帰ってきた二人は疲れ果てて眠り、夢から覚めると家で飼っていたハトが青い鳥だった、という話。幸せは身近なものにこそある、という事。

つまり、「お前、幸せの青い鳥って知ってるか?」というキョンのセリフは、「わざわざ非日常に楽しい事を探しにいかなくても、普通の学生生活の中に楽しい事は沢山あるんだぞ」というような事を言いたかった。


というような具合かと。
『青い鳥』というのが全く別の事を指していたら指摘お願いします(;;
【2007/01/08 23:05】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
青い鳥
「青い鳥の話」の発言とはまさに、物語(アニメ)のラストへと繋がるものだったのですね。
来るたびに新しい発見が出来ます。お返事どうもありがとうございました。
【2007/01/10 21:21】 URL | 黄緑 #kzqg5TK2 [ 編集 ]
いえいえ
こちらも皆様に指摘して頂く度に、新たに見直すところや発見するところも多々あるので、こちらこそありがとうございますですm(__)m
また何かあったらコメントして頂けると嬉しいですので、よろしくお願いします(^^
【2007/01/11 02:39】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
はじめましてですが思いました
はじめまして。
いきなり申し訳ないんですが、青い鳥の

>つまり、「お前、幸せの青い鳥って知ってるか?」というキョンのセリフは、「わざわざ非日常に楽しい事を探しにいかなくても、普通の学生生活の中に楽しい事は沢山あるんだぞ」というような事を言いたかった。

ってとこは、
普通の学生生活の中に楽しい事は沢山あるんだぞ」
ではなく、この時点でキョンはSOS団の事情について知っているので
「SOS団自体が非日常(宇宙人未来人超能力者のあつまり)だぞ」
だとおもっていたのですが…
【2007/01/21 16:10】 URL | 今北 #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>今北さん
初めましてm(__)m

>この時点でキョンはSOS団の事情について知っているので
>「SOS団自体が非日常(宇宙人未来人超能力者のあつまり)だぞ」
>だとおもっていたのですが…

や、特にちゃんとした答えがある訳でも無く、このような解釈は人それぞれなので、今北さんの考察も十分に正しいと思います。
私の考察は、“『涼宮ハルヒの退屈』以降、ハルヒは非日常より日常に楽しみを見つけていく”ということと、青い鳥話を関連付けたものですので。
このような考察は沢山あってしかるべきでしょうし、今北さんが一番しっくり来る解釈を正解だと思えば良いと思いますm(__)m
【2007/01/23 00:19】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
私も今北さんに賛同します。
なにしろハルヒが求めているものは『宇宙人、未来人、超能力者』であって、日常にはうんざりしているわけですから(日常に楽しみを見つける『退屈』はまだこの時点ではきていないため)。
わざわざ煽るようなレススマソ。

それとこれは全くの夢想妄想完全フィクションですが、これから先実はキョンは異世界人だったなんてなるかなと思っています。以下ネタばれに引っかからないとは思いますが一応↓
『憤慨』最後に、わざわざ忘れかけていた異世界人のことを言っているので。新しく入ってきた人間が異世界人ていうのもありかとは思いますが、個人的にはこっちの方がしっくりくるかなと。新しいメンバーがSOS団に加わるとは思っていないので。
【2007/02/21 08:52】 URL | s-51 #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>s-51さん
>なにしろハルヒが求めているものは『宇宙人、未来人、超能力者』であって、日常にはうんざりしているわけですから(日常に楽しみを見つける『退屈』はまだこの時点ではきていないため)。

第02話「第03話 涼宮ハルヒの憂鬱 II」 の後半に、キョンのこんな台詞があります。

「なぁハルヒ?ありませんかと聞いて、はぃあります!って答えが返ってくるほど、こんな県立高校の一角に不思議な謎がごろごろ転がっているなんて訳ないだろ?分かるよな?
 お前も本当は理解してるんだろ。ただモヤモヤした若さ故の苛立ちが、お前をつきぬけた行動に導いてるだけだよな?
 いいかげんに目を覚まして、誰か格好のいい男でも捕まえて一緒に下校したり、日曜日映画いったりしてろよ。それか運動部に入って、思いっきり暴れてろよ。
 お前なら即レギュラーで活躍出来るさ」

既にこのシーンで、見つからない非日常を探すよりも日常の楽しみを満喫してろよ、というキョンの指摘がありますので、“日常に楽しみを見つける”というのは『~の退屈』以降限定の話という訳ではありませんね。
といっても、私も今北さんの考察も正しいと思っていますし、別にどれが正解だと言うつもりもありませんので。
このような部分は人それぞれの解釈があって然りなので、自分が正しいと思う答えで良いと思いますm(__)m

【2007/02/22 13:46】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
なるほど
>はぐれさん
確かに。キョンのそのセリフには気づきませんでした。さすが、よく見てますね。

DVDでの新たな発見がいくつもあるんですね。それもかなり興味深いものがいくつも。私も金が貯まったら買うとしようかな。。。
【2007/02/23 12:55】 URL | s-51 #- [ 編集 ]
どもです~
DVD版はレンタルで十分だと思いますよ~。
ラジオのCMでは、団長が5回はレンタルしろと仰ってますが(^^;
まぁ、最終巻にはED完全版が収録されていないらしいですけど(;;
【2007/02/23 22:49】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
作品全体の考察
非常に極端な解釈になるかもしれないですが、この物語は「涼宮ハルヒの恋心」が全てだと思います。

おそらくハルヒは面白い物に対する探究心は強くても本来、宇宙人も未来人も超能力者もそれほどではなく、
三年前の七夕の日のジョン・スミスにまた会いたい、ではジョン・スミスは何者か?と予測して辿りついた正体がその三種のどれかではないか、という事になるかと。
つまり根本では「ジョン・スミスを名乗った人に会いたい」という願いのみでしょう。
他の三人は絞りこみの過程のノイズです。(メンバーに女性がいるのは、ハルヒの中での動機が自分でも理解できず混ざってしまったからか、あるいは自分の恋心を認めたくないか)
鍵という意味以外でキョンが異能者の集団に紛れ込んでいる理由の説明にもなりますね。ハルヒが会いたいと願ったからです。

三年前にハルヒが描いた図形、能力の芽生えについては別の解釈が必要ですけどね。
余談ですが近代、実際の我々の世界にも「願えば叶う」という類の成功法則があり、一定の支持を得ています。(サンタがプレゼントを運ぶような単純なものではありませんが)
もしかしたら、作者の谷川さん自体が「ライトノベルで成功したい」という法則の体現者なのかもしれませんね(笑)。
【2007/02/27 14:42】 URL | やまだ #/qy9Rku6 [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>非常に極端な解釈になるかもしれないですが、この物語は「涼宮ハルヒの恋心」が全てだと思います。
>おそらくハルヒは面白い物に対する探究心は強くても本来、宇宙人も未来人も超能力者もそれほどではなく、
>三年前の七夕の日のジョン・スミスにまた会いたい、ではジョン・スミスは何者か?と予測して辿りついた正体がその三種のどれかではないか、という事になるかと。
>つまり根本では「ジョン・スミスを名乗った人に会いたい」という願いのみでしょう。
>他の三人は絞りこみの過程のノイズです。(メンバーに女性がいるのは、ハルヒの中での動機が自分でも理解できず混ざってしまったからか、あるいは自分の恋心を認めたくないか)
>鍵という意味以外でキョンが異能者の集団に紛れ込んでいる理由の説明にもなりますね。ハルヒが会いたいと願ったからです。

なるほど……これは面白い考察ですね。
しかし、これは原作『涼宮ハルヒの憂鬱』のみの解釈で、作品全体の考察までにはいかないかと。
SOS団メンバーたちにもそれぞれの思惑がありますし、ハルヒシリーズの物語を“ハルヒの恋心”だけで済ませてしまうには勿体無いかと……。


>三年前にハルヒが描いた図形、能力の芽生えについては別の解釈が必要ですけどね。

まぁ、能力の芽生えについては、原作でこのシーンが描かれるのを待つしかないでしょう(^^;
【2007/02/28 00:59】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
SOS団の活動内容~朝倉の失踪事件
『憂鬱Ⅲ』でハルヒの「SOS団の活動内容、それは、宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶことよ。」という発言は、最初は自分も既にハルヒが無自覚の内に実現させたことだと思っていました。確かにその通りなのですが、最近思い当たったのは、遊ぶことではなく探すこと(キョンと一緒に)の方が重要なのではないかということです。
この後、市内探索に出かけますが、ここでのハルヒは組み分けでキョンと一緒になれなかったことに不満を抱きます。見つけることより探すことに重点が置かれるなら、当然みつかりません。気分的なこともあるかもしれませんが、ハルヒはキョンと一緒がいいと思ったのか、再度組み分けをします。またもクジ引きでキョンとは別行動になり、恨めしそうに自分の爪楊枝、長門、キョンを見ます。

『憂鬱Ⅳ』急な朝倉の転校、ハルヒ復活。
「これは調査の必要ありね。」「すぐ帰ってくると思ってご飯食べないで待ってたのに。」この時点で、キョンと二人での謎探しにわくわくしているように取れます。
「あんたも行くのよ。」「あんたそれでもSOS団の一員なの?」と言いつつ、『SOS団 本日自主休日』という張り紙で他三人の介入を避けます。

こうして見ると全体が少し変わってきますよね。これもまた面白いのではないかと思いコメントしました。

『サムデイ イン ザ レイン』次回予告「諦めずに(宇宙人、未来人、超能力者?そんなのいるワケね・・・でもちょっとはいて欲しい)ついて来なさい!」
【2007/03/04 16:16】 URL | kaguya #- [ 編集 ]
どもですー(^^
>『憂鬱Ⅲ』でハルヒの「SOS団の活動内容、それは、宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶことよ。」という発言は、最初は自分も既にハルヒが無自覚の内に実現させたことだと思っていました。確かにその通りなのですが、最近思い当たったのは、遊ぶことではなく探すこと(キョンと一緒に)の方が重要なのではないかということです。
>この後、市内探索に出かけますが、ここでのハルヒは組み分けでキョンと一緒になれなかったことに不満を抱きます。見つけることより探すことに重点が置かれるなら、当然みつかりません。気分的なこともあるかもしれませんが、ハルヒはキョンと一緒がいいと思ったのか、再度組み分けをします。またもクジ引きでキョンとは別行動になり、恨めしそうに自分の爪楊枝、長門、キョンを見ます。

なるほど。
ハルヒには願望を実現させる能力があるのに、何故ここで不思議なものを発見出来なかったのか?と以前から疑問だったのですが、目的が“キョンと一緒に探索したかった”だったのなら説明はつきますね。
しかし、これを突き詰めて考えてしまうと、“SOS団を作ったのも、ツンツンの自分に話しかけてくれたキョンと一緒にいたかったから”という事になってしまうので、当初は不思議探索目的だったのだろうけど、キョンが他の女と別行動という形になって、無意識に嫉妬心が出て探索どころじゃなかった、というところでしょうか。


>『憂鬱Ⅳ』急な朝倉の転校、ハルヒ復活。
>「これは調査の必要ありね。」「すぐ帰ってくると思ってご飯食べないで待ってたのに。」この時点で、キョンと二人での謎探しにわくわくしているように取れます。
>「あんたも行くのよ。」「あんたそれでもSOS団の一員なの?」と言いつつ、『SOS団 本日自主休日』という張り紙で他三人の介入を避けます。

確かに、『ミステリックサイン』ではSOS団全員で調査に行っていますし、これはキョンと一緒にいたかったからと考えても良さそうですね。

これはちょっと勉強させて頂きました。
記事編集し直す時にまた追加させて頂きます。ありがとうございましたm(__)m

【2007/03/06 01:13】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
お返事ありがとうございます
これもまた大げさな深読みかもしれませんが、SOS団は実はキョンと一緒にいたいから、一緒に謎を探したいから作ったのかもしれないと思っています。
『憂鬱Ⅰ』「曜日で髪型変えるのは、宇宙人対策か?」「いつ気付いたの?」「私、あんたに何処かで会ったことある?ずっと前に。」「正しく、これがきっかけになったんだったんだろうな。」この翌日、ハルヒは髪を切って登校。以降髪型に変化無しです。宇宙人対策なら、ずっと続けていてもおかしくありません。キョンが指摘したから切ったととらえると、髪形を変えていたのは自分のメッセージに気付く人、面白そうな人を探していたからなのではないでしょうか。ずっと前に会った人のような人を。
「おい、キョン!お前、どんな魔法を使ったんだ?」髪型を指摘した。
キョンに興味を持ったため、席替えでまた近くに。
小説P.42でキョンの見解ではありますが、ハルヒがどんな部活なら満足するのか、漠然と「何か面白いことをしてて欲しい」と思っている、とあります。この時点で、興味をもったミステリ研究会や超常現象研究会には、謎探しをしてて欲しいと思ったのではないでしょうか。他の部活では、面白そうな人を探していた、と取れる気がします。そのような部活が無かったので、キョンの演説により「無いんだったら、自分で作ればいいのよ。」「部活よ。」
「なぜ俺がお前の思いつきに協力しなければならんのか」「聞いちゃいねぇ。」ハルヒの中ではすでに既決事項。
「何のクラブを作るつもりなんだ?」「どうでもいいじゃないの、そんなの。とりあえずまず作るのよ。」こうは言っていますが、『憂鬱Ⅲ』での活動内容発表から、ハルヒは
【2007/03/06 05:32】 URL | kaguya #- [ 編集 ]
間違って送信を押してしまいました;続きです
この時点でキョンと一緒が前提の謎探しを目的としていたのではないでしょうか。この頃にはミクルを視野にいれていたのかもしれませんが「基本的にね、何かおかしな~~キャラが一人はいるものなのよ。」と、事件を呼ぶ雰囲気作りとしてしか考えていません。長門は元々いた無口キャラ、頭数合わせ。ちなみに小泉は謎そのものです。
世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団(名前の由来は、ジョンが言ったことを参考に、はたまたつまらない世界を面白くするための、ではないかと思い当たりました。)
これらを総合して考えると、SOS団の結成の理由として挙げられるのは、この世の謎を探し出す、キョンがいるのは既決事項、ではないでしょうか。
余談ですが、上記を踏まえると、ミクル、長門、小泉がハルヒに正体を明かさなかったのは、ハルヒに謎探しの過程を楽しんでいてもらいたいからでもあるのではないかと推測しました。
立て続けに長文ですみません;
【2007/03/06 06:36】 URL | kaguya #Ct4zj71g [ 編集 ]
コメントありがとうございます
長文考察、ありがとうございます。
SOS団を結成するきっかけとなったのはキョンの言葉ですし、中学時代から奇行を続けていたハルヒに普通に(?)接してくれたキョンに恋愛感情を抱くのは、まぁお約束ですよね(笑

>余談ですが、上記を踏まえると、ミクル、長門、小泉がハルヒに正体を明かさなかったのは、ハルヒに謎探しの過程を楽しんでいてもらいたいからでもあるのではないかと推測しました。
それ以前に、ハルヒに世界の謎を教えると、それが現実化してしまうという問題もありますので、ここは各勢力の言い分を素直に信じて良いかと……。
【2007/03/08 22:47】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
いまさらながらなんですが・・・
はじめまして。
楽しく拝見させていただきました。二期が今から楽しみですね
ところで

■DVD第03話「第05話 涼宮ハルヒの憂鬱 III」
なんですが、探索日の

集合時のハルヒの上着の裾ライン

みくる&キョン再集合時のハルヒの上着裾後ろ側のHデザイン欠落

って、小説のほうでネタありましたっけ?ちょっと
思い出せなくて、ここでも仕込みがあったかな?
そろともただのミス?
【2007/03/26 22:13】 URL | 猿騎士 #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>猿騎士さん
初めましてーm(__)m
二期の噂は、良いものから悪いものまでいろいろ聞きますが、果たしてどうなることやら……という感じです(^^;

>集合時のハルヒの上着の裾ライン
>↓
>みくる&キョン再集合時のハルヒの上着裾後ろ側のHデザイン欠落

TV版、DVD版共に確認してみましたが、確かに欠落していますね(笑
これは単純にミスと考えて良いでしょうね。

実はあの服は別のもので、キョンたちと別行動を取っている時に、ハルヒが服を着替えるような“何か”があったという可能性もゼロではありませんが(爆

【2007/03/29 00:19】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
ハルヒの恋心は
ハルヒの恋心は(『憂鬱』の段階では)まだハルヒ自身も自覚していないレベルだと思うんですよね。なんとなく。

ずっとわからないんですが、キョンと謎探し(という名のデート?)をすることが第一目的ならば、くじ引きで必ずハルヒとキョンのペアにならなければおかしくないですか?席替え、打順などくじの操作はお手の物のはずです。そうならなくて不機嫌になるのならなおさらです。
でもグループ分けをしたということはどこかにその想いが働いていたわけで、単純に不思議探しがしたいのなら5人で行動すればいいわけですもんね。

これ、今のところは設定上の矛盾としか思えないです…。
【2007/04/07 07:29】 URL | 通行人 #V1rogjt. [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>通行人さん
>ずっとわからないんですが、キョンと謎探し(という名のデート?)をすることが第一目的ならば、くじ引きで必ずハルヒとキョンのペアにならなければおかしくないですか?席替え、打順などくじの操作はお手の物のはずです。そうならなくて不機嫌になるのならなおさらです。
>でもグループ分けをしたということはどこかにその想いが働いていたわけで、単純に不思議探しがしたいのなら5人で行動すればいいわけですもんね。

ここは難しいところで、設定上の矛盾と考えても悪くはないと思いますが、あえて説明を付けるなら、オトメ心は複雑だ、ということで(^^;

……それと、今思いついたのですが(汗)、長門が仕組んだ、と考えることも出来ます。
(ネタバレ反転)『~の消失』事件まで、同じ行動を起こさなければなりませんし、みくると一緒になれず未来人話を聞けなければ、いろいろとキョンの行動が変わってくるでしょうし。
くじ程度なら、長門ならハルヒの能力の穴を抜けてどうにかしそうですし……思いついたばかりでまだまだ推論の余地はありますが、あながち悪くは無い推理だと思うのですが、どうでしょう?
【2007/04/08 00:19】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
長門の仕業説
僕も考えました。確かにそれが可能なのは長門だけでしょうから。

つじつまを合わせていくと長門の仕込みとしか考えられないんですが、長門が3年前からそのことを知っていた、とわかるのは『笹の葉ラプソディ』以降ですよね。『憂鬱』の発売とほぼ同時期の掲載ですが、『退屈』のあとがきからも、この時点でそこまで読んでいたのかは疑わしいです。ネタバレ反転

とりあえず現在のみの可能性で考えてみますと、
みくるは「時間平面」という言葉をこの日以前から使っている(つまり禁則事項でない)ことからも、正体を明かすのは必ずこの時でなければならなかったとは思えません。長門を苦手とするみくるが事前に頼んでいたとも考えにくいですし、「正体を明かす機会のため」に長門が独断でやったのなら、午後の部はキョン×古泉になるほうが自然です。

でもって「長門のハルヒへの嫉妬」から意地悪をした可能性で考えても、やはり長門にはこの時点でキョンへの想いがそこまで強くあるとは考えにくく、『観察』を使命とするのだからわざと機嫌を悪くさせることはしないはずです。

というわけで長門が仕組んだともどうも思えないのですが、いかがでしょう。
「乙女心は複雑」…。確かにそれが一番近いかもしれませんね(笑)。
しかし、あんなに読書好きな長門は3年前からキョンに図書館に連れて行ってもらえることを知っていて、それまで1度も行かずに我慢してたんですね。健気だなぁ。。
(俺も、実は長門萌えなんだ)
ネタバレ反転
【2007/04/08 04:24】 URL | 通行人 #V1rogjt. [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>通行人さん
『憂鬱』の発売とほぼ同時期の掲載ですが、『退屈』のあとがきからも、この時点でそこまで読んでいたのかは疑わしいです。ネタバレ反転

後付設定でも、矛盾さえ出なければ何ら問題無いと思いますが…。

>正体を明かすのは必ずこの時でなければならなかったとは思えません。

長門は過去に聞かされた歴史と出来るだけ同じように行動した、と言ってますので、歴史通りに動くなら、ここでキョンにみくると会話させておかなければならないのではないでしょうか。
長門に全く訳の分からない話を聞かされ、全然信じられないはずだったのに、真面目なみくるにも同じような話を聞かされ、更に古泉からも同じようなアプローチを受ける。
みくるの話を聞いていなければ、古泉の話も信用しきれないでしょうし、あの時点あのメンバーの中でキョンが一番信頼(?)しているみくるの告白が、非日常を信用するきっかけになったのではないかと。

>「長門のハルヒへの嫉妬」から意地悪をした可能性

これはまず無いでしょうね。
通行人さんの仰る通り、この時点で“嫉妬”と呼べるようなはっきりとした感情は芽生えていないでしょうから。


……といっても、私も“ハルヒの複雑な恋心”説を採りたいのですけれどもね(^^;
【2007/04/09 02:03】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
どうも。
最初の書き込みの後で小説を要所々々読み直してみましたが、やはり長門がやったと考えるのが一番筋は通っていますかね。
先ほどのネタバレの部分は単純に「それでも後付けな感は否めないな~」という個人的な思いがあります。確かに問題はないですね。

ただ、3年前の長門が同期して知った未来の出来事の再現、それ以上の事情は深く考えなくていいんじゃないでしょうか。キョンがみくるを一番信頼しているなら彼女に最初に話をさせたほうがいいかもしれませんから。
「未来でそうだったからそうした」というだけではないかと。
(そういえば同期した長門はキョンが本を貸したその日には待ち合わせに来ないことも知っていて、それでも待っていた?健気だなあ。。)
ネタバレ反転
過去と未来で考えていると「鶏が先か卵が先か」みたいで時々頭がこんがらがりそうになります(笑)。

ご丁寧な対応ありがとうございました。
【2007/04/09 14:52】 URL | 通行人 #V1rogjt. [ 編集 ]
どもです~
>通行人さん
>過去と未来で考えていると「鶏が先か卵が先か」みたいで時々頭がこんがらがりそうになります(笑)。

こういう作品では本当にこんがらがりますよね(笑

考えすぎると深みにはまってしまいそうですが、それだけこの作品にはパワーがあった、という事ですかね?
小説を読んだ時は特に思い入れは無く、アニメからファンになったようなものなので、やはり京アニの力恐るべし……といった感じです(^^;
【2007/04/12 01:06】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
同期
同期して3年先の事まで知ったのなら、それまでに読んだ本の内容も3年前に知っていた事になりますが、どうなんでしょうか。
同じ本を2回3回と読み直す事もありだとは思いますが。
【2008/05/03 20:26】 URL | 同型艦陸奥 #- [ 編集 ]
同期
長門が同期するといっても自分の知ろうと思った情報だけを知り、本の内容に関する情報は削除したのではないでしょうか?
【2008/05/04 13:29】 URL | アンダー15 #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>同型艦陸奥さん
>同期して3年先の事まで知ったのなら、それまでに読んだ本の内容も3年前に知っていた事になりますが、どうなんでしょうか。
>同じ本を2回3回と読み直す事もありだとは思いますが。

>アンダー15さん
>長門が同期するといっても自分の知ろうと思った情報だけを知り、本の内容に関する情報は削除したのではないでしょうか?

あくまで私の推測になりますが、まずそもそも、情報生命体によって生み出され、情報によって空間を書き換える事も出来る長門にとって、“本を読む”という行為で情報を得る事自体がナンセンスなんですよね。
なので、情報生命体のくせに旧式過ぎるパソコンに興味を持っていた時のように、知識を得る事よりも“本を読む”というアナログな行為自体が趣味なんじゃないかな、と思います。

同期して情報だけは知っていても、実際に本を読んでみたときの印象は違うから、もしくは単に確認していたとも考えられますし、アンダー15さんの仰る通り、“この日は~~の本を読む”という情報だけ残しておいて、内容の情報は消去しておくとか、そんな事も考えられますね。
この辺りの曖昧な部分は正解は無く想像で補える部分なので、好きな答えを自分で決めて良いかと思いますm(__)m
【2008/05/05 00:24】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
ミステリ研
ハルヒが時系列1話で仮入部の話をしていたミステリー研究会
このミステリ研の張り紙が文化祭時の廊下に張ってありましたね(谷口たちとミクルの喫茶店に向かうシーン)
伏線でも何でもないですが。。張り紙とかは探せば他にも色々ありそうですね

長門の読書=趣味って考えははぐれさんと同じ意見です
キョンも射手座の日で「長門にだって興味を惹かれるものが少なからずある(本とかパソコンとか)」と言ってますし、
原作では小難しい本を読むのが趣味って言ってますね。(暴走P175)まぁこれもキョンの推測ですが
【2008/05/22 19:43】 URL | ぼぶ #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます
>ぼぶさん
>ハルヒが時系列1話で仮入部の話をしていたミステリー研究会
>このミステリ研の張り紙が文化祭時の廊下に張ってありましたね(谷口たちとミクルの喫茶店に向かうシーン)
>伏線でも何でもないですが。。張り紙とかは探せば他にも色々ありそうですね

本作は本当にこういう小ネタが多くて、探すのが楽しい作品でもありますね。
特に「ライブアライブ」内は小ネタの宝庫ですし、また改めて探してみると知らない発見がありそうです。

>長門の読書=趣味って考えははぐれさんと同じ意見です
>キョンも射手座の日で「長門にだって興味を惹かれるものが少なからずある(本とかパソコンとか)」と言ってますし、
>原作では小難しい本を読むのが趣味って言ってますね。(暴走P175)まぁこれもキョンの推測ですが

宇宙の情報生命体が作った感情の無いロボットのように見えても、長門にはしっかり独自の感情はあるんですよね。
そもそも、朝倉がかなり感情豊かな設定で、独自の判断でキョンを殺そうとした事もありますし。
その長門が活躍しまくる第二期が待ち遠しいのですが……らきすたDVD、クラナド二期が控えているので、早くても年末放送となりそうです・゚・(ノД`)・゚・。
【2008/05/23 23:37】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/07/10 02:58】 | # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
コメントに気付かなく、返信が遅れて申し訳ありません。
管理人のみ閲覧可能という事で、返信する事に問題があれば削除しますので指摘お願いしますm(__)m

「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」のハルヒのアレは、確かに既にキョンを意識しているからこそああいう行動を取ったのは確かなのですが、みくるとはイチャイチャして、ハルヒにみくるの衣装の事を聞かれた時も真剣に悩んでいたりしたのに、自分に関しては着替える(裸を見る)事に対してもキョンは無関心だった事に嫉妬心でイラついた、という事でしょうね。
まぁ、ツン期真っ最中という事で「こやつめー」という感じではありますが(笑
ちなみに、お互いを意識して着替えをしているのは「孤島症候群 後編」でやっていますね~。
【2008/07/13 22:38】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
はじめまして。
私は最近ハルヒのアニメを見て、今頃になって一人でハルヒにハマっている者です。
はぐれさんの洞察力、恐れ入りました。
アニメは何回も見て、ある程度伏線は理解しているつもりでしたが、ここまで深い演出意図があるとは気付きませんでした。
こちらのブログを読んだら、改めてビデオを見直したいと思います。
【2008/11/08 04:54】 URL | まねさん #Qi8cNrCA [ 編集 ]
ありがとうございます
初めまして、はぐれと申します。
第二期の情報も出ず、かなり消沈気味のハルヒなのですが、この記事で当時の熱狂っぷりを楽しんで貰えれば幸いですm(__)m
本作が放送されていた当時は、EDのダンスや数々のパロディ等で、YOUTUBE等の火付け役になった程ネット内が加熱していたので、コメント欄の様々な方の指摘を頂いてここまで記事を大きく出来ました。
この記事を書くきっかけになったのも、ちょっとした伏線を見つけて、それを幾つかまとめてみようと思っていたら次々に伏線と思われる箇所が出てきて、ここまで大きくなってしまった感じですね。京都アニメーション、恐るべしです(^^;
第二期の情報が本格的に公開され始めたら、スクショも絡めた第三版を更新しようと思っているので、またその時に予習の意味も含めまた見て頂けると嬉しいですm(__)m
【2008/11/09 20:44】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
憂鬱?について
はじめまして。今更ハルヒマイブームです


さて、「憂鬱?」にてキョンとハルヒが閉鎖空間もどきに迷い込む直前、キョン妹がハサミを借りにきたのは何かの伏線なのでしょうか?
キョンが「確信犯か」と言っているのにも気になりますし・・・

自分でも探してみたのですが、納得できる答えが見つからず質問した次第です。
ただ妹の登場回数が少ないから登場させたくらいにしか思えず・・・

一通り記事には目を通しましたが既出でしたらごめんなさい
【2009/02/01 23:22】 URL | にょろん #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます
はじめまして、はぐれと申します。
4月から第二期が始まるという噂が立っているので、ハルヒにハマっているのはちょうど良い時期かと思いますよ(^^

>さて、「憂鬱�」にてキョンとハルヒが閉鎖空間もどきに迷い込む直前、キョン妹がハサミを借りにきたのは何かの伏線なのでしょうか?
>キョンが「確信犯か」と言っているのにも気になりますし・・・

原作とアニメを確認して、いろいろ考えてみたのですが……にょろんさんの仰る通り、“ただ妹の登場回数が少ないから登場させたくらいにしか思えず・・・”が無難な答えかなと思いました。

原作だと、アバンで妹がキョンを起こすシーンはありません(原作第一巻の時点で妹の設定が無かったっぽいですが)。
指摘されているハサミを借りに来るシーンも、原作では無い描写なので、やはり登場回数を増やして、キョンと仲の良いキョン妹の存在感を印象付けるためではないでしょうか。
元々登場回数が少ないのもありますし、時系列的に考えると『涼宮ハルヒの憂鬱VI』の次は『涼宮ハルヒの退屈』なので、野球の助っ人としていきなり妹が出演するよりかは、自宅でいろいろ仲の良い部分を見せておいた方が良い、みたいな。
ちなみに「確信犯か」という言葉は、あえてキョンを無視してハサミを探して、キョンに注意されるのを期待していたのでしょうね。注意といってもツッコミのレベルで、構って欲しいという表れなのでしょうけども。

こんなところでしょうか?
第二期の放送が決定したら、本記事もまた更新したいと思っているので、また見て貰えたら嬉しいですm(__)m
【2009/02/04 23:17】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
溜息と関連はあるのか??
初めてのコメントになります。

「憂鬱」の時にみくる(大)が自分の頭をこつんと殴る描写があったと思うんですが、あれは「溜息」の時にハルヒが「頭をたたいたらしゃんとしないとだめじゃない」的な事を言った事と関係あるんでしょうか??
というか関係あって欲しいです。

実際に頭をたたいたあと真面目な話に突入して白雪姫のくだりを話し出してたので・・・
【2009/10/28 16:45】 URL | NYARGO #- [ 編集 ]
大変返信が遅れて申し訳ありません
>「憂鬱」の時にみくる(大)が自分の頭をこつんと殴る描写があったと思うんですが、あれは「溜息」の時にハルヒが「頭をたたいたらしゃんとしないとだめじゃない」的な事を言った事と関係あるんでしょうか??

個人的には、それは無いのではないかと思います……。
みくるにとっては、“しゃんとしたい時は頭を叩く”というきっかけになった程、あまり良い思い出ではないだろう、というのが一番の理由ですね。
可能性は無い訳ではないと思いますが、繋がりがあると考えるにはもう少し何かリンクするものが欲しいと思います。
【2009/11/17 20:51】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
遺伝的なクセ?
他の方も書かれているかもしれませんが、朝比奈さん(大)があたまをコツンとするのは、「憂鬱Ⅵ」での妹の「はさみ」との対比だったりはしないでしょうか?

朝比奈さん(小)がやっているのは見たことありませんが、もしかしたらクセみたいなものだったりと思ったりしました。他にも、孤島症候群(前編)では、鞄から登場シーンするときに右目ウインクで口元に人差し指あててたり、朝比奈さん(小)に特になついてるシーンもあったと思います。

ただ頭コツンも右手と左手の違いがありますし、そのまんまイコールにするには時代が近すぎるとも思いますが。。。
朝比奈さんは妹の子孫?


あと全然関係ないんですが、
「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ」で朝倉さんに「このSOS団ってなんなの?」って聞かれて
S:涼宮に聞いてくれ
O:俺は知らん
S:知りたくも無い
ってちゃんとSOSで返してるのは、親父ギャグっぽくて好きです。
これはキョンの素の反応なんでしょうか?
【2009/12/02 00:28】 URL | みのうさん #- [ 編集 ]
返信が遅れて申し訳ありません
キョン妹がみくるの先祖じゃないかという説はよく聞きますね。
アニメがまだ公開されてない頃は、そういう説を聞いた事は無かったと思うので、アニメでの演出は偶然似た動きになったのか、それとも細かな仕草を演出出来るからこそ、あえてアニメで二人に関係性があることを匂わせたのか……。
確証が無いので何とも言えず、結局は原作の新刊待ちということになるのですが、いつ発売されるか分からない状況なんですよねorz

>あと全然関係ないんですが、
>「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ」で朝倉さんに「このSOS団ってなんなの?」って聞かれて
>S:涼宮に聞いてくれ
>O:俺は知らん
>S:知りたくも無い
>ってちゃんとSOSで返してるのは、親父ギャグっぽくて好きです。

これは全然気付かなかったです(笑
ギャグとしていったのかそうでないのか……そうでなかったら面白い偶然ですよね(;´∀`)
【2009/12/18 22:00】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
エレベーターの時間
>一階から朝倉が住んでいた五階へエレベータが到着するまでに37秒もかかっていることに気がつかないハルヒたん。


ネタバレですが、劇場版「消失」では長門の七階から朝倉の五階へレベータが到着するのにも、相当な時間がかかってました。
【2010/02/11 18:14】 URL | klti #GVZbVQu6 [ 編集 ]
なんと(笑
単に演出の問題と言われればそれまでなのですが、消失を見に行った時は注目しておきます(笑
【2010/02/12 06:51】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/03/28 18:15】 | # [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/651-0e9d41be


このページの先頭へ
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。