あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
.hack//G.U. vol.1 再誕 First Impression
さてさて、数年前凄まじいメディア展開をしていたのにも関わらず、いやだからこそというべきか、話題性の割にはあまり面白くなかった前作「.hack」シリーズ。
しかし、前作ではゲームもアニメもコミックもノベルも、全て視聴していた私としてはこの新作を買わねばなるまい、と妙な義務感に駆られ買ってしまったわけです、はぃ。
メインシナリオは意味不明だったけど、システム自体は結構面白かった前作。
公式サイトなんかではスタッフがみんなお勧めしているので、まぁ損はしないかな…と、かなり消極的だったのですが。ががが。


いや結構面白いぞこれ?


今のところ…

システム:90点
シナリオ:80点
音楽:80点
グラフィック:80点
総評:85点

戦闘が特に面白いです。
前作では3Dフィールドで自由に動けるのにも関わらず、結局はタコ殴りが基本だったのですが、今作では敵の攻撃を移動することでちゃんと避けられ、アクション性が前作よりも高くなっています。
感覚的には、テイルズオブジアビスやスターオーシャン3に近いですね。
敵との戦闘に入るとバトルフィールドが展開されるので、仲間を置き去りにして敵から逃げるなんてことは出来ません(笑
攻撃方法にも連続攻撃タメ攻撃ガード、R1ボタンを押せばすぐに放てるアーツ(特技)、コンボを繋げることで放てるレンゲキ(連撃)と種類があります。
例えば、タメ攻撃で敵を吹っ飛ばす→壁に叩きつけて空中に浮いたところを連続攻撃→更にアーツを発動させ追い討ち!といった感じでなかなか楽しいバトルが楽しめますね。
更にコンボを繋げていくと、アーツが“レンゲキ(連撃)”という強力な技に変化し、これを発動すると仲間プレイヤーの信頼も上がったりして気分は上々。戦闘が単なる作業にならずに飽きません。
かなり強い敵でもテク次第で倒せますしね~。


メインシナリオのほうは相変わらずの“匂い”がしますが(笑)、軽いイベントなどではグラフィックにギャグ風味の演出(汗とか怒りマークとか)などもあり、以前とは全く違う印象です。
この辺りの漫画的演出は「NARUTO ナルティメットヒーロー」シリーズから受け継いでいる技術ですね。 
世界観は、ゲームのオフィシャルBBSと世界設定紹介に限らず、ニュースサイトや一般のいろんな掲示板などの情報もとても溢れていて、まさに“疑似オンライン”を感じることが出来ます。
ニュースの内容はもちろんゲームのことだけでなく、少し未来ならでは問題になってる記事などが沢山あり、しかもその内容がアニメで流れるのが気合入っているなぁ、と感じました。
掲示板のほうも、ゲームをプレイしている時にすれ違った相手の名前がBBSで書き込みなんかしてると、思わずニヤリときたり。
一部ではありますがレスなども出来、自分の発言にレスもつくので、更に疑似オンラインにリアリティが出てきます。
一般の掲示板では、うわさ掲示板や画像アップ掲示板なんかもあり、トリビア的な小ネタがあったり、画像掲示板でアップされてる画像を壁紙に出来たりして、細かいところにまで手が届いています。


メールも前作と同じく沢山来ますね~。
今作はグリーティングメールが新しく搭載されていて、好感度を上げたいキャラに送ることが出来ます。
前作と違いvol.1~3までしかないので、メールの数は前作の一本分より多いかも?


前作ではアニメが付いてきましたが(正直ゴミでしたがね--;)、今作では前作の、そしておそらく今作の事件の概要をレポートする「ターミナルディスク」が付いてきます。
“モルガナ事件”と呼ばれた前作の物語を振り返りながら、その事件から開始された今作のタイトルにもついている“プロジェクトG.U.”のことを少しづつ語ってくれます。
かなり詳しく語っているので、前作未プレイの方にもとても分かりやすいと思います。というか、これを見て初めて分かったこともあったり…。
こうやって振り返ってみると、とても懐かしい気持ちに浸れますね。その後ゲーム本編を開始したときに、前作との技術の差も感じられますが(笑


今のところ特に不満はありませんが、やはり一番の問題は飽きずに次回作をプレイし続けることが出来るかどうか、というところでしょうね。
ゲームシステムは問題無いと思うので、魅力があり次回作に続く印象に残るシナリオが一番大事なのではないかと。
前作でもインパクトはありましたが全体の物語は正直微妙だったので、ここを成功させることが出来たなら、このゲームは名作入りにして良いかと思いますm(__)m


【2006/05/20 03:54】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
<<70000の旅路を超えて… | BLOG TOP | PSP版ぐるみん、デモムービー公開!!>>
この記事に対するコメント
タイトルを入力して下さい。
どーも、久しぶりっす!
何か、物凄く高評価でビックリしております。

CMとかでも派手なアクションとか、熱いヴォイスを響かせていますが、読んでさらにハートがぐいぐいやられています。
書いてある通り、三部作ってところが、ちょっとトラウマで悩むところですが(汗

うーん、自分はもうちょい様子見ですねー。
【2006/05/20 23:10】 URL | 空色渡り鳥 #- [ 編集 ]
どーもでーす!
お久しぶりです~。
デモンベインにはまだ手を出せない今日この頃です(^^;

記事に書いてある通り、戦闘がアビスみたいな感じでなかなか楽しいですよ~。
ストーリーのほうは、MMOに何マジになっちゃてるのよ、と思わず突っ込みを入れたくなるのを我慢しながら進めています(爆
前作をやった人に分かるネタなども仕込まれているので、今のところそれでニヤリとしたりしていますね。
こういうのは前作をプレイしていない人にはアレなのですけどね…。


>書いてある通り、三部作ってところが、ちょっとトラウマで悩むところですが(汗
いやはや全くですね(^^;
まぁゲーム的にはこちらのほうが数倍楽しいで、これからの展開次第でまた報告しまする~m(__)m
【2006/05/21 01:59】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/05/27 23:45】 | # [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/550-6fb22e69


このページの先頭へ
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。