あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
AIRDVD Vol.6感想……
…視界がぼやけていた。いつの間にか、目に涙が溜まっていた。そして、それが流れるのを止めることができなかった。
…光が。たくさんの光が騒がしく、どたどたしている。なにをやっているのだろうか…。みんな静かにしてほしい。
俺は穏やかにAIRを見たいんだから…

「言葉というものは物事を完全に現すことは出来ないのよ。心の中のそれを言葉にすると余分な情報が混じったり大切なものが削ぎ落ちたりしてしまう。言葉にできない言葉こそが、本当の想いなのかもね━━━━」


--一人で頑張ろうとする観鈴…

「あそこではイヤな事しかなかったと思う。だからきっと、逃げ出してもよかったんだ。…でも逃げたところにもいい事はなかった。だって自分がいないのも…誰もいないのと同じだもの」
「再びAIRが君や他人を傷つけてもいいのかい?」
「でも、僕はもう一度会いたいと思った。その時の気持ちは本当だと、思うから…」


--晴子に迷惑をかけないよう一人でいようとするが、暖かいその想いを突き放すことなんて出来なくて…

「雨が降ってきたな……」
「…え?…雨など……」
「雨だ……」
「大佐………」


--そんな二人の前に現われて観鈴を連れていこうとする敬介…

「そんなの関係無いっていってるでしょ!?父さんは…アイツは観鈴さんを殺そうとしたんだ!!」


--本当の“親子”になった観鈴と晴子…

「ちっ…目から鼻水が出やがる…こんなカッコ悪い姿、ルビィに見せられるもんか」


--最後の朝…“ゴール”の道のりを歩く観鈴……

「あ…」「う…」
「アンタら何やってんだ!こんな時…黙りこくってどうすんだ。情けねえ身内だぜ」
「~~っ!うるせえっ!オレ達ゃゴールするの信じてんだっ!アイツが諦めるなんてカケラも思っちゃいねえぞっ!観鈴何やってんだ!いつもみてえににははって笑えってんだよっ!!」
「そうだ!心配かけんじゃねえよ!」「いけったらいけえ!」「神尾さんファイトー!!」
「オレ達だって翼人のはしくれだ、分かってるよ。アンタが今どれだけ辛いかどれだけ苦しいか。それでも負けないで戦ってくれ!アンタは負けちゃいけねえっ!」
「あの日AIRを見せつけられて、オレ達はついてきたんだ」
「AIRと出会わなければ、今のボクはいない」
「観鈴ちんは━━」「ボクの」「オレ達の」
「憧れなんだ!!」


--そして━━━━“母”の元に辿り着いた観鈴……

「ARMSが…ジャバウォックも泣いている…どうして?」
「我にもわからぬ…ただ…涙だけが……」

「はなせ!観鈴一人を死なせるわけには…いかぬ!……これ以上逃げとうはござらぬ…観鈴が死に…それでも生きたいとは思いませぬ…」
「観鈴のために犬死にする気か。弁慶の思いはどうなる…嗣信は!?忠信は!?三郎は!?あいつらは皆おまえを助けたいがために死んだのだ!!おまえはあいつらの想いに応えるためにも生きよ。…安心しな。てめえは誰よりも丈夫の心を魅く丈夫だ。オレ達の死を悲しむな。義経、てめえといると…たのしかったぜ」

「わが一族にも守るべき評判がある。親しい友や睦まじい恋人を死の手に攫われようと、眉ひとつ動かさず、と。涙を流したと皆に知れたら、先祖たちが築き上げてきた悪名はどうなるであろう。アブリアルには泣く権利がないのだ」
「父上はおずるい…そのように涙も流さず慟哭するすべを教えてくれませなんだ…」

「なぜ…なぜ、そんなに優しくなれる…この世界が翼人の為に、何をしてくれたというのだ…」
「そうじゃのう…。じゃがきっと、辛いばかりではなかったさ。人は辛い思いをしても、楽しいと思える心がある。だから一度でも幸せだと思える瞬間があれば、その人の人生は幸せだったのじゃよ。たとえそれが死んだ後であってもな。最後の翼人は幸せな記憶を得られた。観鈴はきっと後悔などしてはおらんさ」

「━━━━契約しよう。我が死後を預ける。その報酬を、ここに貰い受けたい」


--観鈴の笑顔が…大好きな笑顔が…消えていく。
--光がまぶしくて、まぶしくて…。待ってくれ…。消えないでくれ…。
--…観鈴っ!

「世界が…必要としなくたって。必要として…必要としてくれる誰かの為に生きてく…私は、ね」
「…かみおみすずにはもう、あいたいとかおもわないの?」
「…あんた達はどれくらい道に迷って…どれくらいの時間をかけて…自分の答えに辿り着くのかなぁ…」


--じゃ、いこうか。この先に待つもの…無限の終わりを目指して
--さようなら

「始まりの終わり、終わりの始まり。新しい朝日けに祝福の詩を。落ちる夕焼けに永久の詩を。続く星空に新しい詩を」
【2005/09/07 03:18】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<空に響け-エターナル- | BLOG TOP | AIR 鳥達の軌跡 《02》 「よーい、どん」 >>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/171-8b3f25b9


台風の影響もなんのその。発売日に無事手に入れました。もう何度も観たから泣くどころか涙腺が緩むことすらないと思いましたが、全然泣き所じゃないところから涙腺緩みまくり。青
ニイハの縄張り IN ブログ【2005/09/07 20:05】
このページの先頭へ
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。