あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
真・女神転生 STRANGE JOURNEY First Impression
このキャラデザはさすがにウケないだろwwwパッケージとかありえねぇよwwwww

とか思っていた過去の自分を消去しにジャーニーしてきます('・ω・`)ノ


ジャンル:RPG
システム:90点
シナリオ:85点
音楽:90点
グラフィック:85点
総評:90点


真・女神転生 STRANGE JOURNEY 公式サイト
 
真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
(2009/10/08)
Nintendo DS

商品詳細を見る



メガテンシリーズ最新作『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』
かな~~り地味なキャラクターデザインが発表された当初は、ペルソナシリーズでライト層を多く取り込んでいる現状、この世界観は受け入れられないと思っていたのですが、公式サイトのシステム解説やスタッフインタビュー等を見る限りでは、ダークな世界観を好む従来のメガテンファンなら期待していても良さそうな出来らしく、その期待に見事に応えてくれる出来になっていますね。


システムは、一人称視点で3Dダンジョンを探索して、悪魔を倒し、仲間にしながら攻略していくオーソドックスなもの。
悪魔を仲魔(仲間)にしたり、アイテムやお金を得たり、時には戦闘を避けるために、気まぐれな悪魔たちとの交渉や、仲魔を合体させて強力な仲魔を新たに生み出していく悪魔合体の楽しみは従来通りで中毒性がありますね。
何処でも悪魔合体が出来るようになったのも、ダンジョンの真っ只中で戦力が増強出来るので嬉しいところ。

本作での新しい要素は、敵の弱点を攻撃した時にスタンスが同じ仲魔が追撃してくれる“デビルCO-OP”
弱点を攻撃するとかなり優位になるのがシリーズお馴染みの要素ですが、今作では敵の弱点を攻撃した味方のスタンス、いわゆるLOW-NEUTRAL-CAOSの属性と同じ属性を持った味方が追撃してくれます。
基本的には主人公の属性と同じ属性を持った仲魔を揃える方が有利になりますが、それを無視して能力やスキルが強力な仲魔を選んでいくのも、プレイヤーの選択次第。

そして、本作ではパスワードを入力して仲魔を登録する事が出来ます。
他人が育てた強力な仲魔を登録したり、自分で育て上げた仲魔のパスワードを出力して公開する事が出来るんですね。
もちろん、主人公のレベルが登録している仲魔のレベルに満たないと呼び出せませんし、登録した仲魔が強力であればあるほどマッカ(お金)が大量に必要ですし、単純に難易度が軽くなる要素ではないのは注意です。

ニンテンドーDSの二画面を有効活用して、移動中はオートマッピングしてくれるマップ表示、戦闘中は敵や味方のステータスが表示されるのも便利ですね。
メモしたり攻略本を見る手間が省けるだけで、それが難易度の軽減になっている訳ではないのがミソ。

難易度は最近の簡単なゲームに比べるとかなり高いですね。回復を怠っていて敵に先制を取られると、何も出来ずに全滅させられることもしばしば。
万全の状態で戦っていても、一つのミスが致命的な状態を招くこともあり、時には理不尽だと思えるその難易度の高さが、常に緊張感を与えてくれます。


ストーリーは萌え要素など一切無い硬派なもの。
舞台は南極に発生した亜空間“シュバルツバース”、その探索がメインになります。
局地的な場所を舞台とするので、今までのメガテンシリーズのように、東京などの“身近な日常に悪魔が発生する”という異質感が無いと思っていたのですが、超常的なものは一切無い人類の科学技術を結集した装備で身を固めているからこそ、それをいとも簡単に凌駕してしまう悪魔たちの存在があまりにも異質に見えて、その人類の科学技術 vs 非現実的な悪魔の存在という構図は見事だと感じました。
味方からも悪魔からも、主人公のスタンスが問われる正解の無い選択肢も豊富にあって、プレイヤー=ゲームの主人公として異質な世界観に入り込めるのも良いですね。


グラフィックに関しては、ニンテンドーDSの解像度と、メガテンシリーズならではの悪魔たちの2Dドット絵がちょうど合っていて、グラフィックを綺麗にすればゲームが面白くなるという訳ではない、というのを再認識出来ますね。戦闘時に2Dドット絵の悪魔たちがアニメーションしているのもポイント。
3Dマップはポリゴンで描かれていますが、これも違和感の無い仕上がりになっています。
BGMも、重厚な楽曲群が異質な世界観に非常に合っていて心地良いですね。


という事で。
硬派なメガテンファンや、歯応えのあるRPGを楽しみたい方には十分にお勧め出来ますね。
RPGとしての完成度が高いので、ペルソナシリーズから入ったライト層の方にも、一度プレイされてみては如何かとお勧めしておきますm(__)m

【2009/10/09 21:44】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<今日のつぶやき | BLOG TOP | 涼宮ハルヒの憂鬱 第28話 「サムデイ イン ザ レイン」 の特報!>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1560-15b0a865


感想つーても、まだまだ中盤、中盤とはいえそろそろ評価ってもいいかなと システム    A グラフィック   B+ 熱中度      S 快...
レビュー ばりすた!【2009/10/11 18:06】
このページの先頭へ
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。