あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
イース7 First Impression
脳汁出まくりワロタ\(^o^)/

これは間違いなくイースシリーズ最高の、アクションゲームの中でも最高峰のアクション性になっていますよ。
ファンに分かるように例えるなら、『イース-フェルガナの誓い-』のチェスター2戦のようなハイスピードな攻防戦が、常時繰り広げられると思えば分かりやすいかと。

ジャンル:アクションRPG
システム:95点
シナリオ:80点
音楽:95点
グラフィック:90点
総評:95点


イース7公式サイト 

イース 7イース 7
(2009/09/17)
Sony PSP

商品詳細を見る



初代イースのマニュアルに記載されながらも、今までずっと謎に包まれていた『アルタゴの五大竜』がついにゲーム化。
PCではなくPSPでの発売や、イラストレーターさんの変更など、前情報ではいろいろゴタゴタがありましたが、蓋を開けて見れば期待していた以上の出来でした。


まずは基本のアクション性ですが、非常に完成度が高いですね。
走る動作や剣を振る動作など、基本的な一つ一つの動作が丁寧に、そして軽快に仕上げられています。

本作では残念ながら“ジャンプ”の要素が無くなってしまいましたが、その代わりに新たに導入されたショートジャンプと前転による“緊急回避”が、シリーズ最高の爽快感を生み出しています。
敵の攻撃が当たる瞬間に回避しても間に合うくらい緊急回避の性能が非常に良くて、かつ敵の動きも緊急回避を使用しないと避けられない程速い攻撃を繰り出してくるので、スピード感溢れる一瞬一瞬の攻防戦が繰り広げられ、それが非常に楽しいです。

今までのイースシリーズでは、そうして敵の攻撃を避けることが一番重要だったのですが、本作から新しく加わった“ガード”の要素がまた非常に面白い。
攻撃を避けるのではなく、攻撃を防ぐという、今までのシリーズに無いアクションがまた違った面白さを引き出していますね。
タイミングがシビアで、敵の攻撃が当たる瞬間にガードしないと大ダメージを喰らうのですが、ガードが成功するとボスの攻撃すら完全に防ぎ、更にガード成功後の数秒は攻撃がクリティカルになるという、ハイリスクハイリターンなアクションになっています。
上級者向けのアクションではあるのですが、フィールドでは立ち止まっていると自然にHPが回復するので何度もチャレンジ出来ますし、慣れてくると病み付きになるアクションですよ。

もう一つ、本作で新たに追加された要素の“パーティプレイ”
今までのシリーズではずっとアドルのソロプレイ、他のキャラクターが付いてくる時も全てそのキャラクターを守る護衛イベントのみだったので、戦闘に参加してくれる仲間というものが一体どのようなものなのか不安だったのですが、仲間のAIが非常に賢くプレイヤーをサポートしてくれます。
具体的には、ボス戦で長期戦となって操作キャラが瀕死になっても、仲間はほぼノーダメージというくらい回避性能が高いです。
それくらい性能が高い仲間キャラですが、仲間は基本的に操作キャラに追従するだけで、操作キャラが攻撃しなければ仲間も攻撃を始めないので、勝手に動いて敵を倒してしまう事もありません。

本作では三種類の攻撃属性があって、それぞれの攻撃属性に対応した仲間に操作キャラを切り替える事で戦闘を行なっていくのですが、それがまた上手くパーティで一致団結して行動している感じが出ていて良いですね。
『イース・オリジン』でも属性による弱点は設定されていたのですが、一度は全ての属性を試してみないと弱点が分からないのと、攻撃にはあまり向かないスキルを使用せざるを得ない状況というのが、若干煩わしかったんですよね。
それが本作では、敵が一目で弱点が分かる姿になっているのと、ダメージ表記で弱点かそうでないか分かるので、即座に弱点に対応したキャラに切り替えられて戦闘のテンポを崩しません。

更に、二つの要素が属性を無視した攻撃を可能にもしています。
一つは、“スタン”という要素。敵を攻撃し続けていると敵のスタンゲージが溜まり、それが最大になると敵が気絶します。敵が気絶している状態だと、相性が悪い属性でも攻撃が通ります。
大抵の雑魚敵は、弱点の属性で攻撃していれば敵がスタンする前に倒せるのですが、ダメージが通らないのを逆手に取ってスタンゲージを溜めて、気絶させてから攻撃を通すことも出来ます。
もう一つは、上記の“ガード”が成功した後のクリティカル攻撃。これだと属性を無視してダメージを通します。
これらを活用すれば、属性を無視して一人のキャラクターに拘って攻略することも出来ます。特定の属性が全く効かない敵もいますが、それは仲間に任せれば良いですしね。

様々な素材を集めて、武器や防具やアイテムを“合成”するという要素も新たに追加されています。
素材を集めると聞くと面倒臭い印象はありますが、本作で必要となる素材は基本的にストーリー通りに進めて雑魚敵を倒していれば集まるので、あまり苦になりません。
特定の場所で素材を採取する場合も、仲間が手伝ってくれるので一瞬で終わります。採取場所が復活する時間も早いので、素材集めはむしろ楽しくさえありますね。

発売前から数が少ないと判明していたクエストですが、一つの目的を達成してクリアするのではなく、複数の条件をクリアしなければならない長く続くクエストが多いので、クエストの全体数はあまり気になりませんね。
むしろ、多すぎると本筋のストーリーに支障が出ると思うので、これくらいの数でちょうど良いかと。

システム面については、PSP-3000だからこそなのか、ロードが凄く速いですね。ゲームデータをロードするのは4秒ほど、エリア切り替えでは1~3秒ほどしかかかりません。
常に30FPSで安定して動くのも、爽快感を出す一因になっていますね。
処理落ちも今のところ全くといって言いほどありません。UMDが変に読み込んだ時にちょっとだけ落ちただけで、戦闘時に敵や仕掛けがたくさん出てきて処理落ちしたりしたのは今のところ皆無

あと、何気にイベントのスキップがとても便利です。
×ボタンを押し続けると会話が早送りされるだけでなく、イベントそのものが2倍、3倍、4倍速と加速していくので、一度見たイベントもすぐに飛ばせます。


ストーリーはまだ序盤なので可も無く不可も無く。
初戦闘に至るまでは多少長く感じましたが、その後は不必要に長いイベントは挟まれず、メインであるアクションの休憩時間という感じでイベントが挿まれるので、テンポが良いですね。


音楽は相変わらずとてもレベルが高いです。
ただでさえ完成度の高いアクションを、更に熱いBGMで盛り上げてくれるのだから盛り上がらない訳がありません。
フィールドの曲がいきなり熱い曲になっていて、緊張感溢れるボス戦では脳内麻薬が出るのは必至。

グラフィックも、スクショで見ると粗いですが、動画として見るとかなり綺麗なレベルになっています。
見晴台から港を一望出来て、ただの背景かと思いきやそこから船が出港していたり、画面の手前に写った木の枝にリスが座っていたり、細かい演出も所々施されていて、それを発見すると思わずニヤリとしてしまいます。
キャラクターのポリゴンモデルも粗いのは確かなのですが、イベントシーンではメッセージウィンドウの文章とキャラクターグラフィックに目がいくので、あまり気になりません。むしろ、安定した30FPSを出すために粗くなっているのかと。


という事で。
イースファンには勿論、誰にでもお勧め出来る完成度の高いアクションゲームに仕上がっています。唯一の欠点を言えば、激しいアクションなので指が痛くなってしまうことかな?
その疲れさえ心地良い爽快感のあるアクションなので、PSPを所持されてる方は是非一度はこのゲームを体験して頂きたいですねm(__)m

【2009/09/17 22:21】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<イース7 進行状況中間報告 | BLOG TOP | イース7 公式フラゲキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !! >>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1552-2142c85c


このページの先頭へ
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。