あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ブランディッシュ ~ダークレヴナント~ First Impression
予想以上の完成度。

デモムービーを見て、そこそこ面白そうかな? といって期待を十分上回ってくれました。
久々に“アクションゲーム”を楽しめる作品ですね。

ジャンル:アクションRPG
システム:95点
シナリオ:80点
音楽:90点
グラフィック:85点
総評:90点


PSP ブランディッシュ ~ダークレヴナント~ 公式サイト

ブランディッシュ ダークレヴナントブランディッシュ ダークレヴナント
(2009/03/19)
Sony PSP

商品詳細を見る



システムはちょっと独特……という訳ではないのですが、最近ではあまり見たことのないシステムになっています。
公式サイトのデモムービーを見てもらえれば分かるのですが、例えるなら、アクションがメインのリアルタイムで動く不思議のダンジョンシリーズ、かな?
より正確に言えば、古くは『ウィザードリィ』『真・女神転生』シリーズ、最近では『世界樹の迷宮』のような、主人公の一人称視点で3Dダンジョンを探索するスタイルを、視点を斜め見下ろし型の三人称視点にしてリアルタイムで動くアクションゲーム、といった感じでしょうか。

なので、主人公も敵も移動は1マスづつ行動することになります。
方向キーの↑で1マス前に歩き、↓で1マス後ろに下がる。左右でそれぞれの方向へカニ歩きで1マス行動、×ボタンのジャンプでは前方2マス先に飛び、LRボタンで90度の方向転換。この動作を、一人称視点ではなく、斜め見下ろし型の三人称視点で動かすのです。
従来のアクションゲームのように360度自由自在に動き回れる訳ではないので、敵の攻撃を避けながら薙ぎ倒していくような爽快感溢れる戦闘にはなりませんが、逆にこれが、一つ一つの行動がとても大事な緊張感溢れるゲームにしているんですね。
前方にトラップは無いか? 今の視点では何も無さそうだが方向転換して扉は、怪しい場所は、敵はいないか? 敵との戦闘ではどうやって一対一の状況に持っていくか? 敵が攻撃してきそうだが攻撃するか、防御するか、それとも回避するか? 等など、一手一手の行動や攻防が非常に楽しい。
移動は1マスづつですが、行動自体はリアルタイムで行なわれるので、敵の攻撃動作を見てから1歩下がって回避、という事も出来ます。その、ボタンを一度だけ押して敵の攻撃をギリギリ回避するというのが、また玄人っぽい感じ気持ち良かったりするんですよね(笑
ある程度慣れてきて、緊張感が途切れて適当に進めていると、何処からともなく敵が攻撃してきたり、トラップに引っ掛かったりして、素で驚いたりしてしまったりも。落とし穴にはまってリアルで何度も驚いてしまうのは、このゲームが初めてかもしれません……。

難易度も絶妙なバランス。
今のところ、レベル上げは全くせずに攻略していますが、適度な歯応えで進めています。
レベルが低かったのか、途中でこれまでに無いペースでレベルが一気に上がったりしましたが、それも敵とのレベル差で経験値が調整される、という事でしょうしね。
一つのエリアにかかる時間も、20~30分程なので、もうちょっと進めようかなとずっとプレイしてしまっているから困る(笑
チュートリアルも丁寧に作られていて、全ての行動が体験しながら教えてくれるので、すぐに操作に慣れると思いますよ。
……まぁ、意地悪なトラップや初見では無理だろと思う仕掛けや単純な油断で、何度かゲームオーバーにはなっているのですけどね(^^;


ストーリーは有って無いようなもの。
巨大地下迷宮に落ちてきた所から始まり、基本的にそれからずっと迷宮を探索していくだけなので、ドラマチックなシナリオというものはありません。
しかし、だからこそ馴れ合いの無い硬派な世界観が作り上げられ、長いイベントも発生しない事でテンポ良くゲームを進める事が出来るようになっています。
そんな緊張感溢れる探索の中、地下迷宮から抜け出せずにずっと生活しているキャラクター達との一時の会話に、ちょっとした癒しを感じたりするんですね。


音楽はさすがのファルコムという事で、相変わらず文句無しの出来。
元々はPC-9800シリーズで発売されたのが原作なので、正確にはアレンジが非常に上手い、という事になるのですけどもね。
オプションで、BGMをPC-9800シリーズの原音に切り替える事も出来るので、当時からのファンも懐かしくプレイ出来ると思います。

グラフィックはPSPの性能に合わせた感じで、可も無く不可も無く。処理落ちが全然無いのは良いですね。
キャラクターイラストは、現代風でありながらも本作らしい妖艶な感じを醸し出していて、非常に世界観に合っているかと思います。ドーラエロいよドーラ。
あと、何気にムービーが60FPSでヌルヌル動いているのに驚きました。今までのファルコム作品は、ずっと30FPSだったんですよね。
個人的に、最近のファルコム作品のOPムービーは全く評価していなかったのですが、本作では中々優れていたと思いますし、イース新作に向けてテコ入れが入ったのでしょうかね?


という事で。
ちょっと古典的なアクションRPG好きには堪らない完成度になっていると思います。ただ前述の通り、ドラマチックなストーリー性は無く、世界観の雰囲気を楽しむ作品なので、そこだけはお気を付けを。
ファルコムファン、ブランディッシュファンには問答無用でお勧め、PSP作品から入ってきた新規さんも、純粋に“ゲーム”を楽しめる一品なので、一度体験してみるのをお勧めしますm(__)m

【2009/03/20 04:35】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<PS2版CLANNAD-クラナド- 考察2 本編シナリオ考察 | BLOG TOP | イース7 PSP用タイトルとして発売決定!!!!!!111>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1479-52887a12


このページの先頭へ
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。