あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今期(2009年3月4日)アニメ雑感 その8
         本日はこのようなメニューになりますです
        
.   ∧__,,∧   『テイルズオブジアビス』第22話
   ( ´・ω・)   『マリア様がみてる 4thシーズン』第09話
.   /ヽ○==○『空を見上げる少女の瞳に映る世界』第08話
  /  ||_ | 『CLANNAD ~AFTER STORY~』第19話
  し' ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) ̄(_))



『テイルズオブジアビス』 第22話「消えゆく者」
まぁ予想通りっちゃ予想通りなんだけど、やっぱり消えゆく者となってしまうのね。物語開始時点からは考えられないくらい精神的に成長しちゃって(´;ω;`)
ルークを引き止めようとするガイの叫びと、ルークに友人と思っていた事を驚かれて自分の冷たさを再確認して落ち込むジェイドと、鍵を突き刺す時の「みんな!俺に命を下さい!」というルークの敬語の言葉には・゚・(ノД`)・゚・。
……男ばかりだけど、別にそっちの気がある訳じゃねぇですよ?(;゚Д゚)

にしても、ディストのウザさは異常……なんだけど、これはアニメだから描写しきれていないシーンがあるのか、原作からしてこうなのか、どうなんでしょ?
まぁ、カーティス大佐の大活躍出来たので別にどうでもいいのですが(ぁ


『マリア様がみてる 4thシーズン』 第09話「仮面のアクトレス」
♪( ゚∀゚)o彡°窓からスール 窓からスール
「お姉さま、頑張って下さい!応援しています、絶っ対大丈夫ですっ!それからっ、ファイト、ファイトッ、ファイトッ!!」
もっと熱くなれよ!の人並に志摩子さんを励ます乃梨子ちゃんが微笑ましすぎてたまらん・゚・(ノ∀`)・゚・。
猪突猛進な由乃さんの言い掛かりを、避けることなく真正面から受け止めてしまえる度量を持った志摩子さんも同様、EDのクオリティー高いイラストも含め、スタッフの中に白薔薇姉妹ファンが多いと見た(ぁ
瞳子ちゃんが生徒会役員選挙に立候補したのは、この山百合会メンバーを揺さぶっての内部分裂を謀ったのか?と邪推してしまうくらい原作を忘れていたのですが、原作以上に由乃さんが志摩子さんに突っかかっていく勢いがキツかったから故の誤解だったんですよね。だからこそ、志摩子さんの反応には凄い勢いで毒気を抜かれてしまったのですが(*‘ω‘ *)
イケイケゴーゴー過ぎて暴走してしまいがちな由乃さんを、落ち着いた志摩子さんが冷静に判断し、どっしりし始めてきた祐巳ちゃんが二人の緩衝材になって上手く機能する、次期薔薇さまトリオは見事なバランスになっておりますな(`・ω・')ノ

そして何れは瞳子ちゃんもその場所に加わるようになるのですが……物語も終盤、その時は近いようです。
今のところ文句無しの出来なので、最後まで突っ走って欲しいものでつ。白いセーラーは翻さないように、スカートn(以下略


『空を見上げる少女の瞳に映る世界』 第08話「諦めないこと」
日本語でおk(´・ω・`)
ギュンギュン動くアクションはすっかりなりを潜め、初見ではよく分からないムント独特な理論が展開されますよん。
翼は無くても空は飛べる的にムントの下に飛び降りようとした瞬間、おっちゃん二人がユメミに面会に来て場を和ますという意図不明な流れは好きではないのですが、イチコとスズメをユメミが古代魔法的な分身の術を使って生み出した存在と誤解して感嘆する反応等は良かったと思うので、OVAをTVシリーズに合わせて放送するのではなく、一話から丸々再構成した方が面白かったのではないかなと思う今日この頃。
CMのDVD第一巻との作画の差は最早ギャグのレベルですし、スズメの彼氏は空気化してしまいましたし。せめて1~3話は作画を直した方が良かったのでは……。

ところで、天上界の大地が崩落して地上界(現実世界)に洒落にならない多大な被害を与えている訳ですが、そもそも天上界と地上界って隔絶されたんじゃないのん?
何故に現実世界にまで影響を与えてしまっているのか。これは天上界の問題というより、影響を及ぼしてしまうのを許してしまっている局外者の怠慢なんじゃね?


『CLANNAD ~AFTER STORY~』 第19話「家路」
尺の問題でしょうがない事ではあるのだけど、やっぱりこの帰宅してから父と和解するまでは、史乃さんの語りから直球でやって欲しかったかな(´・ω・`)
まぁ、例えば史乃さんの語り直前で一話を終わらせて、史乃さんの語りから親父との和解まで丸々一話使うなんて事も出来ない訳では無かったのでしょうが、それだと電車の中で怒鳴ったり渚の事を話したくなかったり等の朋也の父親失格な態度からの反省が出来ないので、この分割はTVアニメの尺では最善の方法なんですけどね。
だからアフターはOVAか劇場版でやれと小一時k(以下略

アッキーがあっさりと登場してしまったので、ヘタレていた頃の朋也を許さずに顔を合わせていなかったが立ち直ったら意地を張らず笑って許してやる、という想像が出来ず(アニメでは既に普通に顔を合わせていたという台詞が17話にもあったのですが)、同じく野球をするのも汐が言付けを頼まれてしまったので、立ち直ったのならもう一度家族として認めてやるというアッキーなりの儀式だった、という深読みも出来ず。
アッキーの球を打つ時の朋也の台詞には、原作の「俺は“最初の父親の姿として”、その剛腕から繰り出される球を打ってやるっ」の“”内の一文が欲しかったなとか、直幸さんに会いに行く前に風子を出してしまうのは軽い展開過ぎて一呼吸置き過ぎじゃね? つーか明るい芳野さんは何処行ったとか、直幸さんと会う時に汐を連れて行ってしまうと、朋也が父親としての立場になってしまい、“父と子の会話”という図式にいまいちなりきっていないんじゃね?とか。
幼稚園で噂話をしていた母親たちが若すぎてアーンドその内の一人に杏(の中の人)がいてワロタとか、朋也の「ちょっと事情があって」という言い訳の台詞はいらんだろとか、写真の渚が妙に余裕しゃくしゃくのポーズなのに違和感だとか、いろいろ気になった箇所はあるのですが、汐が可愛かったので帳消しになりました(ぁ

しかし改めて、ここからどうやってトゥルーエンドに持っていくのでしょうね?
全く予想が付かない……という訳でも無いのですが、視聴者が皆納得出来る素晴らしい展開となると、幻想世界の設定を多少弄らざるを得ないような気も。
この父親との和解で終わっても問題の無い展開なので、蛇足と呼ばれるような展開にならない事を祈っておりますm(__)m

【2009/03/04 21:25】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<イース I&II Chronicles & イース7 発表!! | BLOG TOP | 今期(2009年2月25日)アニメ雑感 その7>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1468-40b3dbdb


このページの先頭へ
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。