あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今期(2009年2月11日)アニメ雑感 その5
ハルヒのまとめ記事の再修正に意外と手間がかかってますが、再放送前には仕上げたいと頑張りながら、週一の感想タイムでつ('・ω・`)ノ


『テイルズオブジアビス』第19話。
イオン様・゚・(ノД`)・゚・。
つーかアレね、テイルズシリーズはテイルズオブリバース以降、リメイク版デスティニーくらいしかプレイしていないのだけど、アビスは人死やらレプリカ等のハードな展開が多いですよね(;´Д`)
まぁ初代も故郷滅ぼされたり、親友が死んだり、差別関連があったりするのですが……それがダメって訳じゃないけど、上手くハッピーエンドに辿り着けるのかがちょっと心配(´・ω・`)
あと今回退場されたイオン様、今更ですが、あんな可愛い子が女の子な訳ないじゃないか(ぁ

『RIDE BACK -ライドバック-』第05話。
感想打ち切ります('・ω・`)ノ
序盤の展開でレースがメインになると思っていたら、ライドバックを駆って戦場で活躍する展開になってしまうのね(´・ω・`)
まぁ、それはそれで需要はあるでしょうが、個人的にはあまり魅力を感じないので……視聴自体は続けていくので、神回があったらまた感想タイムに入りたいと思いまつ。

『マリア様がみてる 4thシーズン』第06話。
( ゚∀゚)o彡°♪窓からスール 窓からスール
むむ……普通に面白くなってきやがったぜこの野郎(;・∀・)
ドラゴンボールで言えば、人造人間編のセル編から始まるくらい本編の物語が進んだ状態でこの4期は始まるので、確かに敷居の高さが問題にはなっているのですが、それを物ともしないキャラクターの感情表現の上手さと言ったらもうね・゚・(ノД`)・゚・。
原作も、多感な時期の学生の、感情の揺れ動きの描き方が非常に上手い作品なので、それを上手く再現出来ている出来になっているかと。

今更ながらふと感じたのですが、本作のOPアニメ、山百合会二年生がいろんな場所にワープしていくファンタジーっぷりがあまり好きでは無かったのですが、現二年生メンバーは山百合会としては今までにない親しみ安さと明るさを持っていて、第一期~第三期とは違いそれを表現している明るい曲調とアニメになっているんですな。
それでいて、芯はしっかりしているメンバー達だから、乃梨子ちゃん涙目からの展開も全然嫌味無く感情移入出来る。
つか、上級生の祐巳ちゃんには物怖じせずはっきり反論したのに、志摩子さん相手には速攻で(´・ω・`)ショボーンとなってしまう、本当に乃梨子ちゃん涙目という表現が相応しいアレはちょっと吹いてしまったぜ(;´∀`)
令ちゃんを後ろから抱きしめる、“友人”としての立ち居地が珍しかった祥子様とか、祐巳ちゃんママのミーハーっぷりとか、ツンデレ成分が無いお嬢様を演じる釘宮さんとか(いやツンデレなんだけどね)、いろいろ新鮮な部分も大変よろしゅうございましたm(__)m
あと、祐麒が瞳子ちゃんを連れてきたとき、まずドリルが写されたのには盛大に吹いた(ノ∀`)

原作読んだ時は特に印象に残るシーンは無かったのだけど、アニメでは各々の感情表現で妙に引きこまれた回でありました。
次回からはついに修羅場へ突入。こちらもレイニーブルー事件ほどのインパクトは無かった記憶があるのだけど、今回のクオリティーを保てるなら、アニメでは十二分に引き込まれそうなので、存分に期待しております(`・ω・')ノ

『空を見上げる少女の瞳に映る世界』第05話。
なんつーか……やっぱり、視聴者ついて来いよ!的なノリですわよね(´・ω・`)
今回は特に、一般人のイチコ視点という事もあり、訳分からん展開が続いてちょっとダレ気味。
そりゃ、二・三週して視聴すればいろんな繋がりや伏線も見えてくるのでしょうが、そこまで魅力を感じる設定だとも思えず……。
ま、作画レベル自体は最高潮ではあり、次回から不思議世界が現実世界に干渉してしまう、一般的には面白展開なので、次回で感想を打ち切るか決めたいと思いまつ('・ω・`)ノ

『CLANNAD ~AFTER STORY~』第16話。
ぬぬ……完成度は高く、普通に面白いとは思うんだけど、やっぱり原作をプレイした時の印象と微妙に違うのが気持悪いわね(´・ω・`)
例えるなら、ソースかけたと思ったら醤油だった、シャンプーだと思ったらリンスだった、決定的では無いそんな微妙な違和感が気になってしまう。原作の音より、アニメの音は半音ズレていて、一緒に流すと気持悪いハーモニーになってしまっているような感じ。
今までは渚の性格に違和感があっただけなんですが、朋也の自分と合わなければ渚は強くならなかったという卑屈すぎる反応や、親になることが分からないとあっけらかんに言う明る過ぎる言葉など、朋也にも微妙に違和感があって、物語の大筋はあっているのに主役二人の些細な違いが気になってしょうがない。

と、いうのは前回も言った事なんですが、さすがに自宅出産を諦めるのと、朋也の最後のセリフはあのままにしちゃ駄目だろ、原作的に考えて……。
特に前者、病院で産むという現実的な決断は、AIRで言うなら観鈴ちんの謎の病気を治す為に病院に連れて行くという行為と一緒ですよ(´・ω・`)
そりゃ現実的に考えるなら、安全を考慮して病院で産むのは正しい判断なのですが、自宅出産は単に渚のワガママとかじゃなくて、“この町”で生む事が物語的に大事なんですよね(アッキーの思い出の場所が病院建設中の通り、あの町には現在出産出来る設備が整った病院が無い)。
物語最後のオチの言葉も含めますが、渚は幼い頃に町に生かされて、それが影響しているか分かりませんが、(ネタバレ反転)町の皆は家族だと思っていて、だからだんご大家族が好きで、誰にでも親身になれて、そんな家族のいる“この町”で“自分が強くなれた朋也と過ごした場所”で“新たな家族”となる自分の子供を産みたい、という意味で自宅出産に拘っているはずなのですから。
ソレを投げちゃいかんだろ……それで雪に閉ざされてしまった部屋で陣痛が始まってしまうとか、まるでこの町に呪われて生まれてくるかのようじゃまいか。そういや上記のムント様も似たような設定があったような(;´Д`)
朋也がそういう台詞を言うシーンが原作でも何処かにあったと思うのだけど、そういう見方も出来ない事もない、ってレベルだしね。

その朋也も、「出会わなければ良かった…」はさすがにねぇだろ……出産シーンと渚の憔悴しきった顔が良かっただけに、この台詞で一瞬で萎えてしまいましたよ(´・ω・`)
出会わなければこんな悲しみは無かった、という台詞も、自分と出会った事で強くなってしまった渚を殺す結果になってしまった、という後悔ではなく、渚と関わった事でこんな悲しい体験を“自分が”する破目になってしまった、というあくまで自分本位な台詞に聞こえてしまうしね。アニメの朋也は自分が一番大事、という印象を以前から受けていたのですが、やはりそういう風に描いているのでしょうか?
まぁ、後の荒れた生活を考えれば分かりやすい台詞にはなっているのですが、原作だと朋也の生活が荒れたのには別に責任があると考える事も出来るので(詳しくは次回で書きます)、ちょっとこのヘタレすぎる変更は(´・ω・`)

あと、これは個人的に残念なだけだったのですが、アッキーと二人で飲むシーンは欲しかったな。
「結局、人が生きる意味は、家族や愛す人の中にあるんじゃないかってな…」
アッキーのこの台詞が本作のテーマにも繋がっているので。いやまぁ、今後の展開を考えれば、この台詞を後に回しても不思議じゃないんで別に構わないんですけどね。

それと、ひらがなみっつでことみちゃんの空気読まない世界不思議発見講座。つーかもう親の研究に答えを出せそうって凄くね?
ともかく、ここでは“そういう世界”があって、現実世界とお互いに影響してるかもねー的な発言だけで、幻想世界について言及される事はありませんでしたね。朋也が何故幻想世界の記憶を持っていたのか、それを思い出させるための演出として認識しておけば良いかと。
まぁあえて繋げるなら、第一期DVD最終巻の智代編が、いろんな可能性の世界の一つ、という事でしょうかね。

ともあれ、次回からはアフター編の第三章ともいうべき汐編の開始。
渚との同棲生活が短かったせいで、別れのシーンでの今までの生活模様が新規のものばかりになっていましたが(それはそれで良いんですけど)、汐編はかなり尺を取ってくれるみたいで、原作ではここから涙腺クラッシュの展開が怒涛の如く押し寄せるので、一番のメインディッシュが果たしてどう料理されるのか。
上記の朋也の違和感も、汐との関係だとあまり気にならないかもだしね。ちょいと期待してます(`・ω・')ノ

【2009/02/11 21:51】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<今期(2009年2月18日)アニメ雑感 その6 | BLOG TOP | 涼宮ハルヒの憂鬱 本格始動!!>>
この記事に対するコメント
こまだ大家族
↑↑またCLANNADスレで名言が生まれましたw



本編は嗚咽しながら観ました




さなえさんが…





泣いていいのは、トイレかはぐれさんの胸の中だって…。+゜(´Д`)゜+。




18話の改変にはさすがのはぐれさんも…てか俺は原作より泣きましたけどね(´;ω;`)


さりげない仕草にも注目です



ライドバック俺も感想打ち切りましたけど観続けますw


マリみてって、どこに注目して観たらいいんでしょうかw千葉ではムントの前にやってるんですが、実はムントは俺的にアリで毎週楽しみな部類でして…マリみての楽しみはキャストにしか…∑(・Д・;)



CLANNADアフター16話は確かに智代が出しゃばったせいでアッキーの良いところがカットされちゃいましたよねw


あと自宅出産→病院の件は劇的な印象を狙いたかったんでしょうが、原作知ってる人には不評なはずです



こおろぎさんの汐の産声は圧巻でしたし、動く出産シーンには胸に詰まる思いは「汐」だけに一入(汐)でした…



もし病院に行ってたら勝平や椋や風ちゃんにも会えたかもしれないけど…





期待させといてなんですけど、多少のカットやフリしろはあったものの17話も悪くなかったと思います ノシ



何せご存じの通りこれからですし、EDのアレはご愛嬌ということで\(^Ο^)/
【2009/02/13 04:11】 URL | かわばン #- [ 編集 ]
こまだ大家族吹いたw
おい!なにを我慢している!?お前はいま泣いていい!泣いていいんだ!
原作テキスト読んでだけで涙腺破壊されそうになったはぐれです・゚・(ノД`)・゚・。

マリみてはアレですね、アニメ版CLANNADで言うなら、アフターストーリーのゆきねぇルート後編くらいから物語が始まり、かつ過去の出来事を全く振り返ったりしない、完全に一見さんお断りのファン向けの出来になっているので、原作知らないと把握出来ないのは確かですね(^^;
まぁ、原作知っていると十二分に楽しめる出来になっているので、個人的には文句は無いといった感じでつm(__)m

17話は悪くはなかったですが、やはり朋也が関わってきたユカイな仲間たちは、渚が死んだ後何故朋也に干渉してこなかったのか、ちょいと不自然な気はしたりしなかったり(^^;
18話はかなり評価は良いようなので、期待して視聴したいと思います(`・ω・')ノ
【2009/02/18 22:52】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1464-298609b1


このページの先頭へ
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。