あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
PSP版 Zwei!!-ツヴァイ- First Impression
全力でお勧めしたい名作ARPG!

……と公式サイトでは銘打っていますが、普通にお勧め出来る“良作”アクションRPG、ってなとこかな。
あ、でもこのPSP版はBGMが全てアレンジされているので、本作の楽曲に惚れている方には全力でお勧めしますです(`・ω・')ノ

ジャンル:アクションRPG
システム:80点
シナリオ:80点
音楽:95点
グラフィック:85点
総評:85点


PSP Zwei!!-ツヴァイ- 公式サイト

ツヴァイ!!ツヴァイ!!
(2008/12/11)
Sony PSP

商品詳細を見る

今年、PCで続編も発売された本作『Zwei!!-ツヴァイ-』
原作であるPC版が発売されたのは2002年1月31日と、もう約7年前の作品なので、一部のポリゴンが荒かったりシステム面が不便だったりする箇所が幾つかありますが、それでも十分“良作”の範囲内ですね。


本作は2Dの見下ろし型の、基本的なアクションRPG。
近距離攻撃が得意なポックルと、遠距離攻撃が得意なピピロを操って、様々なダンジョンを攻略していきます。

PC版ではキーボードを併用して操作していた記憶があるのですが、PSP版はキーボードが無くても特に操作性に問題は無いようになっていますね。
方向キーかアナログパッドで移動、L/Rボタンで装備グリッド内のアイテム選択、△ボタンでアイテム使用、□ボタンで攻撃、×ボタンで選択したアイテムを掴む/キャンセル、○ボタンで掴んだアイテムをフィールドに置く/決定。
アイテムを掴んで離すまではキャラクターを動かす事が出来ませんが、それはPC版でも一緒だった気がしますし、アイテム選択が続編と違いリアルタイムで出来るので、テンポ良く緊張感もあって良かったです。

本作ならではのシステムに、“食べてレベルアップ”というものがあります。
敵を倒しても経験値は入らず、敵が落としたり宝箱に入っている回復アイテム(食べ物)を食べると経験値が入る、というシステムですね。
これによって、アクションが得意な人は回復アイテムを使わずにレベルを抑えたまま歯応えのあるプレイが出来て、アクションが苦手な人はどんどんレベルが上がってサクサク進められる、といった感じになると思います。

ほんわかした雰囲気とは裏腹に、難易度は少し高いかも?
レベルや攻撃力などの数値が1違うだけで、相当ダメージ等が変わりますね。最近のゲームと比べるとちょっと難しく感じました。

ただ、適当な装備で適正レベルなくらいではゴリ押し出来ないという意味での難しさで、ゲーム本編の物語を進める上では特に難しいところは無いかと。
ゲーム雑誌のレビューで、ヒントが無く何処に行けばいいか分からない、という感想を多く見たのですが、村人の話を聞いていれば行くべき場所は分かりますし、各ダンジョンに複数あるエリア前には適正レベルが描かれているので、その順番に進めればいいだけですしね。


ストーリーの方は、先に書いた通りプレイしてからもう約7年も経つので、あまり覚えていないのですが、特に印象に残る程面白かった記憶も無く。だからと言って面白くない訳ではないんですけどね。
ただ、最近のファルコム作品と同じく、町の住人には一人一人に設定があり、操ってる主人公やイベントを進める毎に会話パターンが変わるので、その豊富な反応が結構楽しめますね。
まだ序盤なので本編の物語は何とも言えませんが、全体的にほんわかした雰囲気の中で、平和な町の住人との会話は中々楽しめるかと思います。


グラフィックは全体的に柔らかいタッチで、絵本のような世界を歩き回る感覚ですね。
一部のポリゴンがちょっと粗いのですが、本当に一部なので特に評価を下げる程の事では無いかと。

そして、この『Zwei!!-ツヴァイ-』PSP版で一番の魅力は、全ての楽曲がアレンジされているところ。
元々、ゲームとしては“良作”の域を超えていなかった本作ですが、BGMだけは素晴らしい出来で評価もされていたんですね。
当時、定期的に出ていたサントラのSAV(スーパーアレンジバージョン)でも、本作から一気に完成度が跳ね上がったという事もあり、このPSP版でもどんなアレンジが施されているのか一番楽しみにしていたのですが、見事に期待に応えてくれる出来になっていました。
しかも、オプションでBGMを原曲に変更する事も出来るという、BGM目当てで購入したといっても過言では無い私にとっては非常に嬉しい仕様になっていました。


という事で。
最近、ニンテンドーDSで粗いポリゴンで作られたゲームをやたら見かけますが、2Dだからこそ表現出来る優しい世界感を楽しみたい方には是非。
ゲームとしては“良作”の域を出ませんが、BGMのためだけに購入する価値もあると思います。オリジナルBGMとアレンジBGMのサントラ分の値段以下ですからね。
最近PSP市場に力を入れてきているファルコムですが、どれも外れなく本作も十分楽しめる完成度になっておりますですm(__)m

【2008/12/11 22:26】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<CLANNAD ~AFTER STORY~ 第10回「新しい生活」 | BLOG TOP | 今日のつぶやきッッッ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1439-9b468647


このページの先頭へ
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。