あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
劇場版 天元突破グレンラガン 見てきました
総集編だとか、第一部第二部を二時間でまとめるとか、そんなこと知った事じゃねぇ!
てめえの決めた道を、てめえのやり方で貫き通す!それが俺達、大グレン団だ!!


愚かなる螺旋の民よ。お前たちだけが特別な存在だと思うな。
古くは活動写真より続く悠久の時を越えた映画作品の中では、お前たちなどほんのちっぽけな存在に過ぎない。
見るがいい、総集編の敗北の歴史を。


('・ω・`)<第一部第二部全15話を二時間で収められる訳が無いだろ、常識的に考えて……


んー……いやまぁ、第一部第二部をまとめる方法としては最善を尽くしているとは思うのですが、最善イコール最高の結果になる訳では決して無い訳でありまして。
良いシーンが無かった訳ではないのだけど、やっぱり総集編は総集編、しかも15話分を二時間に収めているかなり無茶な総集編。
当然、描かなければならない核となる物語以外のエピソードは全て削られていて、“15話分を二時間にまとめる”という意味では最高の仕事をしていると思いますが、やっぱり全体的に忙しなくなっている印象は否めず。
新規アニメーションも二時間の内、約三十分と結構あるのですが、個人的にはちょっと微妙な感じでした。詳細は後々。

この劇場版で一番気になったのが、台詞と台詞との“間”
コンマ何秒を削って時間を節約している影響だと思うのですが、この“間”がかなり削られているんですね。
例えば第三話分のエピソード、カミナがシモンに合体だと叫んだ時の皆の反応。TV版では、

「合体っ!? 合体っ!? 合体っ!? がっ…たい…… 無理よ」

こんな感じの“間”があったのですが、劇場版では、

「合体!?合体!?合体!?がったい… 無理よ」

と、このシーンに限らず一カット一カットを短くしている部分が結構あって、その影響を受けて新アフレコの方も忙しくなってしまっていたりも。
勿論、重要なシーンではしっかり“間”は入るのですが、他のパートが忙しないので“間”が入りすぎている印象を受け、結局逆効果に。
新アフレコは上記以外にも、台詞と台詞との間に“溜め”が無くて気になる部分が幾つか。これは原作と比較して変な印象になってしまっただけかもしれませんけどね。

という事で、“生まれ変わったグレンラガン”、物語的に言えば多元宇宙内の“もう一つのグレンラガン世界”といえば聞こえは良いかもですが、そもそも原作自体4クール物を2クールに収めたくらい濃密な物語なので、やはり純粋にTV版を見ておいた方が良いですよ、というのが結論かな。予想通りと言えば予想通りですが、それを良い意味で裏切って欲しかった……。
まぁ、絶対見ておいた方が良い一部の新規アニメーションのパートや、新規ロボとかも出るので、グレンラガンファンなら一応チェックはしておいた方が良いと思いますです、はいm(__)m



以下、本編の感想に入りますのでネタバレ全開でお送りします。まだ視聴されてない方は気を付けて!!





絶対見ておいた方が良い一部の新規アニメーション。冒頭の“アレ”に決まってるでしょうお兄さん(`・ω・')ノ
予告編とスポンサーが流れて、さぁ来いとTV版第一話冒頭部分を待ち構えていたら、まさかのロージェノムVer.とかもうね・゚・(ノД`)・゚・。
TV版でも、あのシーンの人物は(別の宇宙のシモン達なのですが)カミナの親父とか昔のロージェノムとか成長したギミーだとか色々考察されていましたが、アンチスパイラルに戦いを挑んだかつてのロージェノムを再現してくれるとは感無量。
シモンと同じく、少年だった頃のロージェノムが立ち上がり、ラゼンガンと共に戦い抜き、アークグレンと同型のデカブツと合体、更にカテドラル・テラの核となり超絶螺旋・超弩級ガンメンとしての変形を果たし、そして…………ってか、この劇場版、総集編じゃなくてロージェノムの過去の物語の方が良くね?この総集編とはまた別の映画、またはOVAでもいいので是非見てみたいのですが。ががが。

第01話分。
敵ガンメンをラガンのドリルで押し上げているシーンで、シモンが歯を食いしばりながらもニヤッと笑った後の、シモン・カミナ・ヨーコの三人のカットが削られていたのが残念すぎるorz

第02話分。
「喰らえ!必殺!漢の魂完全燃焼!キャノンボールアタック!!」がただの「喰らえ!キャノンボールアタック!」になっていて(´・ω・`)ショボーン
敵ガンメンを倒した後に、グレンの追加パーツが降って来る新カットは思わず吹いてしまいましたが(;´∀`)
そして、カミナの親父のエピソードは全て削除。あの髑髏はカミナが目前の死を乗り越えるためのものだから、親父のエピソードはカットしても問題無いのだけど……やっぱりちょっと味気無いですよねぇ。

第03話分。
上記にも書いた通り、せっかくの合体シーンなのに全体的に忙しなくて(´・ω・`)ショボーン

第04話から第06話分は、『ラップは漢の魂だ!己を信じて天を指差す怒涛の男・カミナ様のテーマを耳の穴かっぽじってよ~く聴きやがれ!!』をBGMにしての総集編。第四話の作画はそのままだよっ!
新カットのヨーコが髪を下ろして寝ているシーンが印象的でしたね。TV版の第一部、第二部でヨーコが髪を下ろしたのはお風呂とシャワーシーン、しかもほんの少ししか見られませんからね。

第07話分。
サブキャラが登場する第四話から第六話までが総集編仕立てなので、マジでキングキタンに乗ったキャラが誰だか分からない(;´∀`)

第08話分。
一つの山場となる重要なエピソードなので、一番補完されてはいるのですが、上記の通り“間”が若干早いのと、それでいてカミナがチミルフにやられるシーンが微妙に長かったり、そしてこのエピソード単体で“起承転結”になっている訳ではないので、カミナ復活からのカタルシスが薄れてしまっている印象。
更にヴィラルが吹き飛ばされるシーンが、TV版よりギャグ仕立てにされてて余計に冷めてしまいますた(´・ω・`)ショボーン

第09話分。
シモン病みすぎワロタ・゚・(ノД`)・゚・。
TV版のようにあまり尺を取る事が出来ないので濃密に描いたのでしょうが、真っ暗な部屋でドリルをカラカラ回しているとかもうね。゚(゚´Д`゚)゚。

第10話から第14話分は、新規アニメで一まとめに。
残り約30分、四天王総出撃。後は分かるな?(´・ω・`)ショボーン

えーと、とりあえずは……まず、病んでいるシモンがアニキの事を語るシーンで、ニアが普通に良い子になっていますね。
TV版でも正論を言っているのだけど、人の感情を理解出来ていなかったから逆にシモンを苦しめる台詞となっていたのですが、劇場版ではちゃんとした励ましの言葉になっていますた。なので、ニアを攻めるヨーコがちょっとウザかった感じ(´・ω・`)ショボーン

四天王の総出撃。ヴィラルにもエンキドゥの姿をした劇場版オリジナルダイガン、『ダイガンザンドゥ』が与えられ、大グレン団大ピンチ。つか、明らかに勝ち目無くね?
四天王たちにも新たな必殺技が追加され、格好良く叫んでくれるのですが……自分の耳がおかしかったのか、何と叫んでいるか全く聞き取れなくて意味不明ですた(´・ω・`)ショボーン

ここからはほぼ劇場版オリジナルエピソードという事で、シモン復活シーンもそれに合わせて新規作画によるものに。
しかしまぁ、やっぱりシモンが挫折していた描写が少ないので、この展開が悪いとは言いませんが、“神回”とも呼ばれたTV版でも一、二を争うエピソードと比較すれば、どうしても評価は落ちてしまいますね。そしてシトマンドラ乙。

アディーネとヨーコのキャットファイトは良かったですな。ヨーコは脱げ、全体的にアディーネ様の活躍が多かったのも(*´ω`*)
好きだった男の戦艦を取り戻す女とそれを守る女、という図式になっていたのも面白いですね。本気の女は恐いんですっ(><

四天王の四つの要塞による合体、『螺旋王四天王完全要塞ドテンカイザン』は、顔が多けりゃ偉いってもんじゃねぇならぬ、合体すれば良いって訳じゃねぇって事で、第04話並のレベルって事ですな(´・ω・`)ショボーン
一まとめにして倒すという意図が見え見えで……爽快感よりも無理矢理感が勝っていたような印象ですた。
まぁ、TV版と同じく、大グレン団の公開処刑のためにその様子が全世界に放映されているのですが、大グレン団が獣人を撃破して歓声に湧く人々のカットで、第三部から登場するギンブレーがいたのがナイス演出でしたね。
子供の頃はこんなに可愛いのにねぇ。この時に大グレン団に憧れてロシウの秘書官の地位まで上り詰めたけど、彼らは当時憧れを抱いた英雄ではなく単なる荒くれ者で……みたいな感じですかね。

そして、キリの良いところで終了。
シモン復活で終わりかよ、つーか螺旋王との戦いは次回に持ち越しとか大丈夫なのかよと、劇場にいた人々の心は一つになっていた(゚∀゚)ヨカーン!!

という事で。
面白かったのは最初のロージェノムとアンチスパイラルのシーンのみで、後は微妙な展開というのが正直な感想。
後半のノリは、TV版で第一部が一番好きな方にはウケるのではないかな。第一部、第二部を経ての第三部以降の展開が一番好きな身としはちょっと微妙ですた。
あと、比較すべきではないのですが……基本は総集編、ラストはTV版を踏まえながらもオリジナル展開、そしてエンディング後の次回予告と、昨年放映されたヱヴァ新劇場版と結構似通っている展開ではあるのですが、比較するとやはり雲泥の差である事は否めませんでした(´・ω・`)ショボーン
次回作はロージェノムとの決戦からなので、今作以上に無理な感じなのですが……果たしてどうなる事やら。期待せずに待っています('・ω・`)ノ

【2008/09/08 23:38】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<ペルソナ4 てくてく散文日記 その10 | BLOG TOP | 劇場版 天元突破グレンラガン 見に行ってきまーす>>
この記事に対するコメント
ごくろうさま。
なんとなくプロモで予想が付いたんだよなぁ・・・
DVD出たら借りて見ようかな、と。

最近、なんかどこもサクっと劇場版作るよねぇ。
まぁ、金も時間も限られてるから、観る物は厳選してるの。
【2008/09/09 20:32】 URL | ごす #ilk/GieM [ 編集 ]
二回目見る気はおきないでつorz
ポイントカードが貰えて、二回目見るとポストカード、そのカードがあれば螺旋編の時にオリジナルグッズが貰えるそうですが……そこまで気力はありませんですorz
TV版はDVDBOXが発売されれば購入する気全開なのですが、DVD版は借りる気も起きず……あぅあぅ・゚・(ノД`)・゚・。

総集編は少ない労力である程度成果が出ますからねぇ。
まぁそれは上の考えで、製作スタッフは最善を尽くしているのでしょうけども、そもそも企画自体が無理だと小一時k(以下略
【2008/09/10 23:10】 URL | はぐれ #US7Is6OM [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1386-3466eacd


このページの先頭へ
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。