あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ペルソナ4 First Impression
キャラクターや世界感が見た目地味で、システム面は前作の二番煎じ的なものに見えたので、若干期待は薄かったのですが、中々どうして楽しませてもらっています。
前作のシステムを使い回すのではなく、より洗練されて使いやすくなっているので、ファンなら購入しても損はしないと思いますよ。

ジャンル:RPG
システム:90点
シナリオ:80点
音楽:95点
グラフィック:90点
総評:90点


ペルソナ4 公式サイト 

ペルソナ4ペルソナ4
(2008/07/10)
PlayStation2

商品詳細を見る

(以下、システム面でネタバレしている箇所があるので注意して下さい)

細かい部分は後述するとして、基本的なシステム、ゲーム進行は前作と同じと考えて良いです。

学校に行く時は噂話を聞いたり、友達と一緒に登校。
時々発生する朝の授業では、高校生らしい問題が。
昼休みはコミュのレベルが上がるキャラクターが話しかけてきて、放課後は自由行動。
夜は自宅で“勇気”“知識”などの能力アップ。

前作の“影時間”に相当するものがなく、ダンジョン攻略には放課後の時間を使っていく事になります。
当然、大ボスが現れるのは満月、みたいな事は事前に分からないので、ダンジョンを攻略しなければならないタイムリミットは数日前に分かるのですが、レベルを過剰に上げて余裕を持って攻略するのは難しくなっていますね。なので、前作以上にコミュの管理が必要になっています。
それと、ダンジョン探索時でのキャラクターの個別行動が廃止されています。ついでに、主人公の使える武器も一種類になりました。

更に、戦闘システムが前作と同じと思っているとちょっと痛い目を見るかと。
変更点は以下の通り。

・“斬”“打”“貫”の三種類の物理攻撃が、“物”一つに統一。
・アナライズで敵の弱点を知る事が出来ない。攻撃した属性が有効か無効か記憶されるだけ。(中盤から前作のように出来るかもしれないが)
作戦で直接仲間に行動を指示する事が出来るようになった。
・“防御”で状態異常と弱点を攻撃されてのダウンが防げる。
・ダウンしても起き上がる事に1ターン消費せずにすぐに行動出来る。ただし、ダウン中に攻撃されると50%、弱点への攻撃だと100%の確立で“気絶”状態になる。
・全体攻撃でも、弱点を攻撃すればもう一度行動出来る“1MORE”が発生する。
・“逃げる”を選択しても、敵味方含めてすぐに逃げる事が出来ない。


細かい変更ではありますが大きく影響される要素なので、余裕を持ってダンジョンを攻略出来ない事もあり、前作とは攻略スタイルがかなり変わりますね。
特に、前作の戦闘ではおバカなAI任せでしたが、自分で味方に指示を出せる事が出来るようになったのは大きいですね。初めての戦闘時からすぐに使えるのも嬉しいところです。
それ以外にもいろいろと面白い要素があるのですが、それはゲームをプレイしてからのお楽しみ、という事で。


ストーリーの方は、まだまだ様子見かな?
田舎ならではの世界感や、高校生らしいキャラクターの会話、心の闇の部分を描く泥臭さなどは良いのですが、やはりペルソナ召喚のインパクトは弱くて、全体的に前作ほど映えない印象ですね。
時代的には未来でも、世界感が田舎なのでペルソナ1・2辺りの雰囲気を感じます。個人的には気にならない、というか好きな方ですが、この辺りが賛否両論となりそうですね。
しかし、コミュが発生するサブキャラクターにも声が追加され、話しかけた時や話しかけられた時など何かに反応したときに一言音声が入ったりして、キャラクターの魅力をより深く描いている点は評価したいですね。


音楽は前作から変わらずのクオリティー。相変わらず戦闘の曲はかなり新鮮なものになっています。
効果音が一部使い回しなのがちょっと気になりましたが、前作と世界観は繋がっているので、これくらいのリンクは構わないかと。
グラフィックもよく田舎っぽさを出していますね。寂れた校舎や商店街、自然に溢れた川原などの風景は非常に懐かしく感じました。
もちろん、スタイリッシュなステータス画面は前作以上のものになっています。黄色を基調としたのは如何かと思ったのですが、これがまた世界感にばっちりハマっていますね。


という事で。
前作からの使い回しが気になっていましたが、特に気になる事もなく、むしろより洗練されて、より安定したゲームをプレイする事が出来ますね。
前作ファンには無条件でお勧め、アニメからのファンも3ではなく4からプレイするのもあり、雰囲気が若干ダークなのでペルソナ1・2ファンも楽しめるかと。
個人個人の好き嫌いはともかく、完成度自体は非常に高いと思いますので、興味が沸けば購入してみても大丈夫だと思いますm(__)m

【2008/07/11 22:52】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ZWEI-ツヴァイ- II 公式サイトオープン! | BLOG TOP | マクロスF 第14話「マザーズ・ララバイ」>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1343-27ed2dbb


このページの先頭へ
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。