あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
PERSONA -trinity soul- 第24話「贖罪の楔」
な に こ の 萌 え ア ニ メ

今期一番の萌えと言っても過言ではない。
これは反則すぎだろ……常識的にk(以下略


前フリが何も無しで十年前の過去編開始。
つーか、いきなりチビっ子の神郷兄妹が可愛すぎる訳ですがっ!!
「結祈↑もいちば~ん」のイントネーションとか、兄弟で張り合うお馬さんとか、体を起こした慎の背中にしがみつく洵とか、もう一つ一つの仕草が可愛すぎる(*´д`*)
お馬さんとかメチャメチャ懐かしかったですよ……狙ってあざとく作る“萌え”より、こういう平和で日常的な一幕の方が魅力的ですね。もうこんなシーンだけ作ってればいいじゃん、本当に・゚・(ノД`)・゚・。

まぁこんな平和な情景は、後の惨劇を際立たせる為だという事は、もう分かりきっていたのですがorz
十年前の同時多発無気力症事件。
初めの頃は、これは原案のペルソナ3で起きた事件とリンクさせていたと思っていて、21話辺りで小松原たちが研究していたペルソナグループが事故などで引き起こしてしまった事件かと思いきや、真相はアヤネが引き起こしたものだったんですね。
……と言いたい所なのですが、公式サイトのストーリー紹介の欄によると、この時に地震も発生しているようですし、ペルソナの研究が倫理を犯している事に気付いて自害したと思われるアヤネが、何故ここまでの規模の災害を引き起こしたのか、その理由が分からないんですよね。
自分を気にかけていてくれた(と思われる)神郷夫妻のペルソナが欲しかった。でも、その目的だけであんな被害になるのか?
ペルソナの研究を公表しようとしていた神郷夫妻の口止め。それだと、未だ小松原に従がっている事になりますし、この辺りはまだ推理する事しか出来ないですね。

アヤネの考えが不明ではあるのですが、分かっている事をとりあえず幾つか。
まず、アヤネに引き摺り出されている神郷夫妻のペルソナには、お互いを貫いている“楔”のようなものがあります。これが夫妻の“絆”みたいな物が象徴化しているのか、ペルソナ研究の何らかの成果なのかは不明。
次に、両親の惨劇を見てペルソナが覚醒する慎。慎のペルソナは、この両親の“楔”を引き抜いてアヤネに攻撃を仕掛けます。
“楔”による攻撃だからなのか、単にペルソナによる精神体への攻撃だからだったのかは不明ですが、慎のペルソナの攻撃はアヤネに通じた模様。
しかし、慎のペルソナがアヤネの後ろに回って斬りかかったところを、神郷夫妻のペルソナが庇っているんですね。これが、慎が両親を殺してしまったと思って感情が無くなってしまった理由でしょう。
「無くなっちゃえ……こんなのいらないっ!」
庇われた神郷夫妻のペルソナが消えていく中で、“君は悪くない”というような感じで頷きかけられ叫ぶアヤネ。“こんなの”とは慎のペルソナの事も考えられますが、アヤネのペルソナが膨張して羽根となった事を考えると、アヤネのペルソナと考えた方が正しそうです。
そのアヤネのペルソナから慎を庇った時に、諒兄ちゃんのペルソナが覚醒。慎が敵に攻撃するために目覚めたのに対し、諒兄ちゃんは弟を“護る”ために目覚めた、というのがまた深いですよね。
そして、両親のペルソナを斬り殺してしまったショックで、感情が抜けてしまった慎。この記憶を、小松原が催眠療法で塗り潰してしまったんですね。これだけだと他意はなさそうですが、あの悪そうな顔を見る限り何か裏がありそうです。慎が十年前の事をよく覚えていないと言っていたのはこのためですね。

……とりあえず分かるところはこれくらいなのですが、核心をつく情報がないので、どのようにでも解釈出来てしまうんですよね。考えるよりも感じろ!って事かもしれませんが。
洵が何とか回復して、慎も感情を取り戻して、以前と同じく抱きついてくる二人に笑いかけるも、自分が弟たちにやった事の後ろめたさでちょっとぎこちない諒兄ちゃんの笑顔とかもうね・゚・(ノД`)・゚・。
と言いながらも、今回一番の要となるこの台詞だけは考察しておかなければならないでしょう。

「少年の代わりに、あなたは未来を得た」

諒兄ちゃんも洵もいなくなり、叶鳴も自分の肩で息を引き取り、様々な出来事とショックで過去を思い出した慎に、“くじらのはね”の本を広げながらこの台詞を告げるアヤネ。
“少年”というのは、“くじらのはね”の主人公である少年の事でしょうが、本編中で“少年”という言葉に当てはまるのは、洵くらいしかいません。
単純に考えるなら、22話の九条たちとの決戦の時に、アヤネの入れ物の暴走(?)を鎮めた洵が犠牲となって、慎たちは生き残った、という事になるのでしょうが、どうもそれだけではないようで。


少年は全身に羽根をまとい 故郷の村へと戻ってくる
眩く光る羽根を与えられた村人達は とめどなくなく涙を流し、自分たちが幸せであったことを思い出す

やがて 村のみんなは一人 また一人とどこかへいってしまいました 
そして 少年が大好きだった人たちは いつしか誰もいなくなったのでした
けれども 少年はとても幸せな気持ちに満たされていました



これは9話で語られた“くじらのはね”の最後の文章ですが、これを読んで叶鳴はこう解釈します。

「周りの人がいなくなったんじゃなかったんですね
 多分、見えなくしたんです。少年が自分の心を閉ざして」


つまり、村人が何処かへ行って誰もいなくなってしまった訳ではなく、少年が心を閉ざして“大好きだった人たちが”誰もいなくなってしまった、という事。
洵の突然の反抗期、一人になりたいという気持ちを考えると、確かにこの辺りはリンクしていると思います。

しかし、これは死の間際であるネガティブ叶鳴が解釈したものでありまして。
この本はもともと、神郷夫妻が“大切な人がみんな幸せになる話”として描かれた絵本なんですね。
“大切な人がみんな幸せになる話”。ですが、幸せになる対象は“大切な人”であり、そこには“自分”が含まれていません。
そう考えて上記の文章を読むと、“少年が自分の意思で犠牲となって村人たちを幸せにした”と解釈する事が出来るんですね。
超常の力を持って、村人たちを幸せにする。村人たちは幸せになった事で別の場所に行ってしまい、自分は一人取り残されることになったけど、村の人々が幸せになっただけで自分は満足。
それは、倫理を外れたペルソナ研究の罪に対する贖罪として、自己犠牲という意味で神郷夫妻が描いたものなのかもしれません。

そして、この“くじらのはね”“少年”を洵に当てはめてこの先の展開を考えてみると、アニメ本編は現在死亡者行方不明者続出のバッドエンドまっしぐらな状態ですが、最後は幸せな記憶で綺麗に締めてくれるのではないかな……と思ったり。
“くじら”の中で諒兄ちゃんと洵が何か活躍して、アヤネに取り込まれたペルソナを持っていた人や無気力症患者は全員復活、諒兄ちゃんも蘇ったけど洵はアヤネを一人ぼっちにさせないために“くじら”の中に残り、現実世界ではとりあえず万々歳、“くじら”の中でも洵と結祈とアヤネで幸せに暮らしましたとさ、みたいな感じになれば現状では一番のハッピーエンドなのですがそれはないでしょうし、それでもちょっとでも希望がありそうな終わりが見えて良かったでつ・゚・(ノД`)・゚・。
残る謎は、アヤネと諒兄ちゃんと結祈の真意、それとアヤネの姿をした複合ペルソナの入れ物の行方くらいかな?
絶望的な状況ながら、最後は一筋の光が見えつつも、どんな最後を迎えるか分からない展開……頼むからこれ以上悪い事が起きないよう、痛いの痛いのとんでいけー!


追記。

最後の方で、諒兄ちゃんが“くじらのはね”のイラストの人間たちに絵の具を塗っていましたが、まさか最後の文章も自分の心境に改変していたのでしょうか?

やがて 村のみんなは一人 また一人とどこかへいってしまいました 
そして 少年が大好きだった人たちは いつしか誰もいなくなったのでした
けれども 少年はとても幸せな気持ちに満たされていました


両親も弟たちも、大好きな人は誰もいなくなってしまったけど、これで犠牲はもう出ない、自分は幸せだと言い聞かせて……というような感じで。
そうだとすると、諒兄ちゃんの悲壮な決意が窺えるのですが、しかし上記の考察が全て無駄に・゚・(ノД`)・゚・。
まぁ逆に、実は神郷夫妻が考えていた真のハッピーエンドがあって、その通りに結末を迎えてくれるのかもしれませんし……何にせよ残り数話期待です(`・ω・')ノ

【2008/06/15 23:48】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(20) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<スーパーロボット大戦OGサーガ 無限のフロンティア 総評 | BLOG TOP | ひぐらしのなく頃に絆 トレーラームービー第二弾公開ちう~>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1314-73ce0d6e


PERSONA -trinity soul- 第24話 「贖罪の楔」 脚本:松田沙也 絵コンテ・演出:松林唯人 作画監督:河野真貴/岡崎洋美 小さい3兄弟かわいいね。 子安の高校生役に無理が…。w お馬さんかあ。 ゆきなら乗せてもいい、私。 えーこねえちゃんも若くてか
天青石 ~Celestine~【2008/06/16 00:30】
アヤネは自ら逃れる道を選んだ。ヘリから飛び降り、最期まで研究者たちを悲しい目で見続けていたその瞳・・・。アヤネは最後に何を思ったのだろう----------。?十年前のその日。昨日までと変わらぬ日常が明日も続くことを誰もが信じていた冬の午後、綾凪市沿岸部を中...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆【2008/06/16 00:35】
塗りつぶされた記憶。
ミナモノカガミ【2008/06/16 00:41】
「贖罪の楔」 家へ向かう慎、洵、ユキ。3人を見守る両親。そして、帰宅した皆を待つのは諒… なんか、久しぶりに諒、そして映子姉ちゃん...
新・たこの感想文【2008/06/16 01:02】
封じられてきた十年前の記憶――。 綾凪市を中心に起こった無気力症と多重災害…。 その爆心地の富山湾の海辺にいたのは…。 諒が頑なに慎...
SeRa@らくblog【2008/06/16 01:13】
ペルソナ・トリニティソウルの第二十四話の感想メモのコーナー。ただし、話の詳細は他のブログでさんざん語られていると思うので省略。気になった部分をちょっと書く程度のメモなのである。 というわけで、第24話視聴メモは続きでどうぞ
アホ理系青年の主張/窓野マサミ・真 非公式Blog【2008/06/16 02:28】
ペルソナ~トリニティ・ソウル~1(初回生産限定)第24話「贖罪の楔」十年前のその日。昨日までと変わらぬ日常が明日も続くことを誰もが信じていた冬の午後、綾凪市沿岸部を中心に突如起こった同時多発事故、そして原因不明の地震を含む多重災害。多くの人々が一瞬にし...
日々“是”精進!【2008/06/16 03:38】
もうこの番組、”神作”ですら生ぬるい! ペルソナ、第24話の感想、先行版です。 ダメだ、2週連続してヤラれた・・・(つД`) この番組マジ...
中濃甘口 Second Dining【2008/06/16 05:47】
いつもはBS11で見てるんだけど、なんとなくMXのほうも見て、続けてBS11と連続で2回見ちゃった。いきなり過去のアヤネからスタート。諒の過去の話で、10年前の同時多発無力症事件の真相が明らかに…。小さい慎は小林沙苗さんでした、映子ねーちゃんと会話して...
くろまるブログ【2008/06/16 06:48】
10年前の衝撃の真実が明らかに…!でもアバンの10年前の 神郷兄妹が可愛いー!双子の可愛さは反則です!諒の(というか 子安の)「ただーいま...
Girlish Flower【2008/06/16 07:12】
ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.3 封印された記憶が、解き放たれる・・・ 慎のペルソナの持つ剣は、両親から受け継いだモノだったんでありますな・・・。諒は、両親の最期を見、その最期と、その後に、街を襲った悲劇に関わってしまった慎を守る為に、全ての罪と真...
月の砂漠のあしあと【2008/06/16 09:04】
 明かされた、10年前に綾凪市を襲った大事故の真実。あの日何があったのか、慎が忘れている記憶とは何なのか―――。  アバンの神郷4兄妹のラブリーさは犯罪的だと思いました。諒の「ただーいま」にはクラクラして倒れそうでしたよ。慎が洵の“馬”になって遊んで...
たらればブログ【2008/06/16 15:22】
一言で言って、堪りませんでした。 ある程度想像していたことも、 良い意味で裏切られました。 もっと、もっと深かったです。 見終わった後、しばし何も手が付かずぼーっとしてまいましたよ。 諒が、優しすぎて、悲しすぎて、 その愛があまりに深くて。{/hiyo_cry2/} tr...
橘の部屋【2008/06/16 19:55】
「少年の代わりに、あなたは未来を得た」 ようやく10年前の同時多発事故の真相が明らかに! 10年前、慎たちの両親も健在で幸せそのも...
ジャスタウェイの日記☆【2008/06/16 20:27】
 PERSONA -trinity soul-  第24話 『贖罪の楔』  神郷慎:岡本信彦  神郷諒:子安武人  神郷洵:沢城みゆき  茅野めぐみ:阿澄佳奈  ...
荒野の出来事【2008/06/16 21:09】
「少年の代わりに、貴方は未来を得た――」 ついに10年前の出来事が明らかにっ!! どれだけ兄弟に優しくない展開なんですか… 諒兄が背負った...
WONDER TIME【2008/06/16 22:21】
ほぼ明け方に帰ってきたのに録ってたPERSONA見て感想書いてる自分…頭が…(-
心のおもむくままに【2008/06/16 23:40】
10年前。平穏だった日常が壊される、日。 まいったー。あんな事があったおかげで話が全然頭に入ってこなくて……。 ちとテンション低めです...
渡り鳥ロディ【2008/06/17 01:10】
「贖罪の楔」 神郷兄弟の可愛さは破壊的だろう!! ようやく10年前の事件の全貌が明らかになったわけですが、前回の叶鳴に続いて今回も...
ラブアニメ。【2008/06/17 19:41】
PERSONA -trinity soul- 第24話 「贖罪の楔」 評価: ── 僕たちは忘れてはいけないのかもしれない 脚本 松田沙耶...
いーじすの前途洋洋。【2008/06/22 10:25】
このページの先頭へ
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。