あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
サクラ大戦V第1話感想~紐育は燃えていたか?その弐
長くなったので、二枚目です…というか、これを書いていて本編が進んでいないのは本末転倒というのではないのだろうかorz

本編の内容をなぞって書いているので、ネタバレはありですが興味があるかたは覗いてみてはいかが?
----以下ネタバレ感想----


そのまま、華撃団の本部「リトルリップシアター」に連れて行ってもらう。この劇場には、様々な人種の人たちが、感動を共有し、ひとつになる…という、理想の紐育の縮図でもあるらしい。
そこで待っていたのは劇場版で既に登場していた華撃団隊長「ラチェット・アルタイル」。

「あら、意外だった?星組の隊長が女性だということ?それとも、ほかになにか?」

プレイヤーの4割が彼女の攻略を初で目指すであろう、人気のキャラである。雑誌では妙にかわいく紹介されていたから心配だったのだが、このキツさは相変わらずで安心だ。これがツンデレというものか…劇場版での出番の少なさを取り戻して欲しい。
少し驚きながら、彼を迎えるラチェット。オーナー「マイケル・サニーサイド」を紹介される。これまた、

「オー、コンバンワァ、コンニチワ、オハョウゴザィマス」

と謎の言葉を吐きながら挨拶してくる。そんなときは「おはこんばんちわ」だ。
まずはアパートに行って荷物を置いてきなさいとの指示。その途中、道に迷った少女、「ジェミニ・サンライズ」と出会う。

「うわぁ~サムライだぁ!サムライがいる!わたしサムライだ~い好きぃ!」

彼女の行く先も新次郎と同じ場所だったらしく、彼女の面倒を見ることにする。少しぐらいは下心があったのかもしれない。
アパートについた新次郎。そこでジェミニと再び再開する。彼女は劇場の雑用をしているらしい。将来の夢は紐育華撃団に入ることだとか。
アパートに荷物を置き、少し大きい制服、叔父が着ていたモギリ服(?)に着替え、サニーに会いに行く。
今度こそ粉骨砕身の覚悟で頑張りますっ!しかしサニーはもっと肩の力を抜いて、と。
そして、ハラキリをしたことはあるかい?と何とも珍妙な質問をしてくる。ノーと答えると、

「それは良かった。…ハラキリというのは責任を逃れる行為だろ?ここではそんなことは許さない。責任は結果を持って償ってもらわなきゃね」

とのおキツイお言葉。意外としっかりしてる人物である。
挨拶が終わり、外に出たときちょうど1人の隊員と出会う。名前は「九条 昴」。

「僕は九条昴…それ以下でも、それ以上でもない」

男性か女性か分からない小柄な人物。スタッフ内でも分からない人がいるそうなので、本当に性別は決めてないのかもしれない。ちなみに筆者のイチオシである。
次の隊員を紹介しようと次の場所に行くが誰もいない。ちょっと探しにいってくるといって1人残される新次郎。そこに入れ違いで来た黒人の女性、「サジータ・ワインバーグ」。何故一般人がここにいる?と聞かれて、僕は…と説明しようとするが自分で色々妄想して新次郎を追い詰める。昴がここの関係者だというと、キレてサニーサイドのもとまで連れてかれる。

「14才以下の労働は法律に反している。そんなことも知らないのか!?知っていてもそれを使いこなさなければ意味はない!」

どこから突っ込めばいいのか分からなくなって来た展開。新次郎はやはりツッコミを覚えるべきである。一応誤解は解けたが、ここでサジータから新次郎にとって天地がひっくりかえるような言葉が。

「私たちがここに呼んだのは大神一郎だろう!?こんなひよっ子じゃない!」

ナンダッテー(;゜д゜)!!
衝撃の事実。サニーもラチェットもそうだと言っている。やはり叔父は女の園を守るために俺を追い出したんだ…と元気を無くす新次郎。大神も当初、正義のために入ったところでお前はモギリだ、と言われたときにショックを受けていたが、新次郎はいらない、間違いだといわれてしまったのである。これは大神の比ではないだろう。残念無念また来週。しかしその来週は無いのである。
そんな落ち込んでいる時に緊急警報!僕だって何かしたいと作戦司令室に行こうとするが、ラチェットに止められる。

「作戦司令室に入れるわけにはいきません。あなたには別の任務が与えられています。あなたの任務は劇場の掃除をすることです」

さらに落ち込む主人公。第三者から見れば、新次郎からラチェットへの信頼度が下がる効果音が聞こえたことだろう。
その後、隊員達のミュージカルを見る。その素晴らしさに感動したが、自分には何もできない…と落ち込みながら次の朝が。公園でボケーっとしている時に、車椅子に乗った女性「ダイアナ・カプリス」と出会い、励まされる。

「努力していれば、願いは必ず叶います。あなたには、未来があるのですから…」

元気を取り戻し、やれることをまずやろう!と思い直した若き大河新次郎19歳。
隊員の皆にそれを告げて、劇場の雑用をしていく新次郎。少しづつ見直していく隊員達。
ジェミニと掃除中、ジェミニが劇場の制御室を壊してしまう。電気が付かなくなり、今夜の公演は中止か、と嘆いているときに、新次郎が皆を励ます。何か方法があるはずです、と。彼の言葉で皆が動き出し、何とか公演は成功を収める。ラチェットはそんな彼を見ながら、彼には私たちに無いものがある…と新次郎の評価を上げる。実は2歳年下なだけなので、母性本能が働いたのかもしれない。
そしてその夜、緊急警報が街を震わす。ジェミニとミ…コーヒータイム中だった新次郎がどうしようか考えている最中、車のクラクション音。窓の外にはラチェットが。あなたも出撃よ!とそれは早くない?とも思えるいきなりのデート…ではなく、出撃命令。ジェミニが喜んでいるので良しとしよう。敵は自由の女神の下のリバティ島!!
----
まぁ個性溢れるキャラクターなことで(笑
でもそれがいい味を出していて、嫌味な感じになってないのがいいですね。
ラチェットは相変わらず。でも本心は大神に会いたかったんじゃないかな?
サニー、こんなバカキャラは好きです(笑 ふざけてるように見えて心の中は冷静、冷徹、そして熱い想いを持っているそんな人物。
ジェミニ、こいつはエピソード0やってるんで知ってるんですが…んな雑用しなくてもエピ0で見せた君の実力があればリトルリップシアターを1人で壊滅させるぐらいはできると思うのだがorz
昴の性別はどっちなんだろう…てかどうでも良くなってきたマジで(^^; レニと全然キャラがかぶってなくて良いですね。
サジータかっこいい!最近ではネギまのいいんちょさんやってたからしっかり者ですね。スキがない。ときどきイケイケGOGOになってしまうのはどうかと思いますが(^^; まぁそれが弁護士のサジータらしさではあるんでしょうが。
大神は何故紐育行きを拒否したのでしょうか?連絡も入ってなかったようですし、急遽新次郎の紐育行きが決まったようですね。
一番に考えられるのが、現在帝都に巨大な魔の手が忍び寄っている可能性。これのために、大神は帝都を離れられず、まだ若い新次郎を育てる余裕も無いので、自分の代わりに紐育へ送った…のかなぁ?
次に考えられるのは、大神がさくらと結婚エンドを迎えたことで隊員が拗ねて皆里帰りしているのではないかという可能性(爆



エイハブという飛行船でリバティ島上空に行き、霊子甲冑「スター」に乗り込み敵を撃破していく紐育華撃団。しかし、ラチェットの様子が少しおかしい。恋心に戸惑っている…なんて妄想ではなく、どうも調子がおかしいらしい。まぁしかしこんな雑魚相手なら問題は無いか?と思われたその時、上空に巨大な妖力反応が。
とてつもない大きさの敵が大鎌を振り落とす。その直線上にいたサジータと昴はこれを見切ってかわすが、何故かラチェットは動けない。直撃を受け、吹っ飛ばされるラチェット機。助けにいくにしてもちょうどまき沿いを喰らう距離。止めの一撃が振り落とされる瞬間、新次郎機が決死の特攻をかけてラチェット機を救い出す!
何故助けた、と頬を叩かれるが、新次郎は仲間を見捨てることなどできません!と、強い意志を見せる。やはりその心には大神の血が流れているということか。
ラチェット機はエイハブに回収され、新次郎に指揮権が与えられる。惚れ直したのだろう(違います)。
新次郎は未熟ではあるが、恐らく正義の心は一番である。昴とサジータも戦闘に関してはエキスパートなので、二人にサポートしてもらいながら何とか敵を退けることが出来た。
謎の言葉を残しながら去っていく敵…。しかし、初の戦闘で指揮権を託され見事任務をこなした新次郎。ラチェットも無事だったようである。そして戦闘終了後はシリーズ恒例の、
「勝利のポーズ、決めっ!」
である。新次郎は反応できなかった。次回からはノリノリでやってくれるだろう。
そして数日が過ぎ、新次郎は母に手紙を書く。その後、歓迎会を開いてもらって正式に紐育華撃団に配属になったこと。困難もあるけど自分は頑張っています、叔父のようなハーレムを目指して逝きます、と。
----
スターって結構大きいのですね…というか光武が小さいのか。比較すると、本当に光武は甲冑…鎧ほどの大きさしか無いんだなぁ…と。
そしてラチェットー・゚・(ノД`)・゚・。 !!新次郎が助けにいかない場合はどうなったのだろう…そこで帝国華撃団、参上!とかきたらウケるんだけど(そんなことはありません)。新次郎を戦闘にいきなり参加させたのは不思議だったんですが、もうすぐ自分が戦闘に参加できなくなると以前から感じてたらしいですから、少しでも戦力を増やしておこう、ということでしょうか。ラチェットが何故霊力を失ったのかは分かりませんが……帰ってくるよね・゚・(ノД`)・゚・。オイラは信じてるよ…それこそ劇場版のおいしいとこ持っていかれた叔父のような活躍を期待しておりますorz



次回予告!!
例え世界が被告人を否定しても、自分だけは信じ続ける。

全ての証拠が被告人を指していても、不敵に笑い続ける。

被告人が無実だというならそれを信じるのが、僕の役目!

指を突き刺し、天に吼えるかのように叫ぶ。正義は我にあり!

「待ったっ!意義ありっ!!くらえっっ!!!」

次回、サクラ大戦V

逆転裁判外伝・自由への逆転

法のもとに……お前はアウト。


【2005/07/07 12:32】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<夜明けの日誌-01~戦闘、戦闘、また戦闘 | BLOG TOP | サクラ大戦V第1話感想~紐育は燃えていたか? その壱>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/12-e005dd24


このページの先頭へ
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。