あなたは 番目のお客様です
万聞は一見に足るやも
お勧めの二次創作小説を主に紹介してるブログです。
SEARCH
Favorite contents
◆二次創作SS 一覧
◇一次創作SS (6)
◇やる夫シリーズ (10)
◆ニコニコ動画 一覧
banner



TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
コミック版 ひぐらしのなく頃に 目明し編3巻 罪滅し編3巻
半年毎に発売されるコミック版『ひぐらしのなく頃に』ですが、いよいよ佳境に入って参りましたよ(`・ω・')ノ
もうすぐ『うみねこのなく頃に』の2作目も発売されますし、アニメの方も第三期があるという事で、まだまだ勢いは衰えていないようですね。
……クオリティーの方は考えない方向で(;´∀`)

(以下ネタバレあります)


《目明し編3巻》
本編は、詩音が婆っちゃを落として“オヤシロさまの祟り”システムの推理から、梨花ちゃん襲撃事件まで。
『目明し編』は全三巻だと思っていて、展開の速さがちょっと気になっていたのですが、どうやら次巻が最終巻らしく、展開も特に速く感じる事無く、今巻は普通に楽しめました。

物語は中盤。
序盤の明るい展開は既に無く、物語も登場人物もエラい方向に突き進んでいきます(;・∀・)
作画を担当されている方條ゆとりさんが描くキャラクターは、ひぐらしにしてはちょっと格好良過ぎかなぁと今まで思っていたのですが、狂気に染まった崩れた顔の描き方がとても秀逸で、格好良い絵とのギャップが非常に良い効果を生み出していますね。
本作の大石さんは相変わらず嫌らしい感じですし、老人たちの“妄信者”っぷりも非常に上手く出ている。そして主人公の詩音ちゃんは百面相、つかもうバケモノの域に入ってしまわれているのですが(;´∀`)
悟史くん関連の話では夢見る乙女の少女漫画チックな表現も、これまた詩音の狂気っぷりを上手く引き出せていますね。

しかしまぁ、アニメ第二期も終わりましたし、既にネタを知っている視点で見るとヾ(・∀・;)オイオイとしか良い様が無い展開ですよね。だがそれがいい。
原作とも違う、アニメとも違う、PS2版とも違う、コミックという媒体で見る新たな『目明し編』。ファンなら買って損は無しかと(`・ω・')ノ


《罪滅し編3巻》
厚い、厚いよ!?『祟殺し編3巻』並の厚さだよっ!?
一瞬、こいつで最終巻かと思ったくらいのボリューム。扉絵の梨花ちゃんに高橋留美子さんのキャラクターを思い出したのは私だけじゃないはず(;´∀`)

本編のほうは、レナが語る“オヤシロ様の祟り”の真実から、圭一覚醒まで。
もうレナ視点で進んでいく方は、

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _~:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ   <またまたご冗談を
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙


と突っ込まずにはいられない展開なのですが、原作と違い、疑心暗鬼を持って敵意を持っているかに見えてしまう悪人顔のキャラクター達や、宇宙人やコピー人間などのイラストがつく事で、狂気スパイラルに拍車がかかりまくっていますよ(;´∀`)
ひぐらしコミックスの中で比べると、画力が一番微妙なのはこの鈴羅木かりんさんだと思っていたのですが、全体的に安定してきてこの独特のイラストが面白い味を生み出していますね。
それと、演出が良いのも魅力的。原作に無い(はず……覚えてないっすorz)ホラーシーンの描き方も良かったですし、特に圭一が『鬼隠し編』の記憶を思い出した切っ掛けとなったアレは、非常に素晴らしいと思いました。
『鬼隠し編』とリンクするあのワードを、記憶を思い出す切っ掛けとして使うとは……かなり上手い演出で、確かに“別世界の記憶を思い出す”事自体ありえない事なんですけど、これなら普通に納得してしまいそうな演出でした。
やはり原作の情報量には叶わないのですけど、このシーンのためだけに購入に踏み切っても大丈夫かと。


両巻とも結構面白くて、次の最終巻が楽しみですね。どちらもオチがどのように描かれるのか、非常に期待。
『皆殺し編』以降はコミック化されないのかな?今のタイミングでは難しいような気もしますが……これくらいのクオリティーで描かれるのなら、ちょっとチャレンジしてもらいたいですね(*´д`*)


【2007/12/22 23:56】 旧ブログ記事 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<CLANNAD 第10話「天才少女の挑戦」 | BLOG TOP | 我々が愛したkeyは死んだ!何故だ!!>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://weblog890.blog15.fc2.com/tb.php/1169-f0891040


漫画でも顔芸炸裂! 凄かったとにかく顔芸が凄かった。アニメだけかと思ってたのに…。 まず目明し編では詩音が夜神月かと思うぐらい凶悪な顔つきしてると思ったら、 その後公由のおじいちゃんのとこでさらにえらい事に…(((゜Д゜;))) 罪滅しのレナももはや芸術の域...
独裁switch。【2007/12/23 22:25】
このページの先頭へ
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter

PROFILE
ジン(旧HN:はぐれ)
  • ジン(旧HN:はぐれ)
  • ゲームが好きです。アニメも好きです。漫画も好きです。
    そして、ネット小説にハマってから幾星霜……紹介したいもの沢山、自分のためにまとめたいもの沢山、ということで再び戻ってきました。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORY
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。